ねこの食事

グレインフリーキャットフードの【メリットとデメリット】必要な猫は?

グレインフリーのキャットフードが流行っているのをご存知ですか。

グレインフリーとは穀物が入っていないという意味で、キャットフードによく使われる小麦、米、トウモロコシ、麦などを含まない餌のことです。

最近○○フリーというのは、わたし達人間の食品業界でも流行っていますよね。

飼い主
飼い主
なんとなく体にいい気がして買ったことある!

グレインフリーの餌は、穀物にアレルギーを持つ猫にとって、アレルゲンを含まないというメリットがあります。

しかし、アレルギーがない猫にとってはメリットが無いどころか、デメリットが出てきてしまうこともあります。

飼い主
飼い主
デメリットが出てくる?
ゆね
ゆね
グレインフリーフードの口コミには「下痢や軟便になった」「太ってしまった」なんて書き込みもあるよ。

グレインフリーフードは通常のものに比べて高価なものが多く、良かれと思って買ったつもりが逆効果になってしまったらがっかりですね。

グレインフリーについて調べるくらい熱心なあなたには、是非ピッタリのフードを選んで欲しいです。

この記事では、あなたが本当にグレインフリーフードが必要か簡単に判断できるように、グレインフリーフードのメリット・デメリットについて解説します。

 

グレインフリーキャットフードのメリット・デメリット

グレインフリーキャットフードのメリット

グレインフリーフードを選ぶことのメリットは、この2点です。

  1. 穀物アレルギーの猫でも食べられること
  2. 消化器官に負担が少ないこと
飼い主
飼い主
えっ!それだけなの?

そうなんです。グレインフリーフードのメリットって意外と少ないんです。もちろん体質によってはそのメリットがとても大事になってくる猫もいるので、詳しく説明していきます。

1,穀物アレルギーの猫でも食べられる

グレインフリーフードには、普通のキャットフードに含まれている穀物が入っていないので、穀物アレルギーを持つ猫にはとてもメリットのあるキャットフードです。

2,消化器官に負担が少ない

穀物に多く含まれる不溶性食物繊維の入っている量が少ないので、消化器官への負担が少なくなります。

不溶性食物繊維は腸内の汚れをからめとってくれたり、便通を助けたりする成分ですが、消化に長い時間がかかるので、胃腸の弱い猫には負担になってしまうこともあるんです。

不溶性食物繊維とは

水に溶けない食物繊維のことで、これが入っていると満腹感を得やすかったり消化に時間がかかったりします。

馬やキリンなどの草食動物は腸が長いので、腸に負担をかけることなく消化できますが、肉食動物である猫は、この不溶性食物繊維を消化するのは一苦労なんです。

グレインフリーキャットフードのデメリット

グレインフリーフードのデメリットは、4つあります。

  1. 肥満になりやすい
  2. 下痢や軟便になりやすい
  3. 腎臓病や肝臓病の進行を早めるかもしれない
  4. 高価
飼い主
飼い主
知らなかった!

グレインフリーフードは近年の流行ということもあり、キャットフードの販売店、ネットショップやネットの記事なんかでも、良い面ばかりがピックアップされることが多いので、デメリットについては調べないとなかなか情報がありません。

こちらも詳しく説明していきます。

1,肥満になりやすい

グレインフリーフードは、穀物に多く含まれる食物繊維が少ないので消化されやすいです。これは逆に言うと腹持ちが悪いということなので、必要以上に食べ過ぎてしまうことにつながります。

飼い主
飼い主
バナナって消化がいいからいくらでも食べれちゃう!それに私、バナナはおやつに入らない派だしー!
ゆね
ゆね
こんなことやって太っちゃうのに似てるかな?もちろんすぐお腹がいっぱいになっちゃう子には、満腹感を感じずらい食べ物を選んであげるほうが良いって場合もあるよ。

2,下痢や軟便になりやすい

下痢や軟便は穀物が含まれないことで起こります。

穀物に多く含まれる食物繊維が便を固める働きをしているので、グレインフリーフードを食べる猫は、通常より下痢や軟便の回数がふえてしまいます。

3,腎臓病や肝臓病の進行を早めるかもしれない

グレインフリーフードには、穀物の代わりに動物性たんぱく質が多く含まれており、病気でたんぱく質制限が必要な猫には食べさせないようにしましょう。

4,高価

キャットフードには安い穀物を入れて価格を抑えているが、穀物が入らないグレインフードには使えないので、その分肉や魚を入れる事により価格が上がってしまいます。

必然的にグレインフリーフードは、通常のキャットフードに比べて高価になります。

ゆね
ゆね
次からグレインフードが合う猫と、合わない猫について解説します!

グレインフリーキャットフードが必要な猫とは?

グレインフリーキャットフードが必要な猫とは?

ご紹介したメリットが、デメリットを上回るような猫は、グレインフリーフードが向く、必要な猫と言えるでしょう。

つまり、穀物アレルギーを持つ猫と、消化器官が弱い猫です。

穀物アレルギーを持つ猫ちゃんは言わずもがな、消化器官が弱い猫ちゃんにも、食べ物を消化するのが苦手な猫はお腹いっぱいに感じるのが早いので、デメリットとして紹介した腹持ちが悪いという性質がプラスにはたらきます。

飼い主
飼い主
そういう猫ちゃんだけなの…?

そうなんです。意外な感じがしますが、そもそもグレインフリーキャットフードというのは特別な餌だということを考えると、納得できます。

グレインフリーキャットフードが必要ない猫とは?

当たり前ですが、グレインフリーフードが向く猫以外のすべての猫です。

食べさせてはいけないという事では無いですが、デメリットもありますし、グレインフリーフードを食べさせる必要はないでしょう。

猫はもともと穀物を食べる生き物では無いから、穀物からではうまく栄養が摂れないのではないかと思うかもしれませんが、全く心配いりません。

キャットフードに使われる穀物は、栄養を吸収しやすいように、水を加えて加熱(アルファ化)しています。

ゆね
ゆね
私たちが生のお米を炊いて食べるのも、アルファ化するためだよ!

普段猫ちゃんに用意していたキャットフードは、ちゃんと体に合わせて栄養が摂れるようになっていたんですね。

「猫は穀物からではうまく栄養が摂れない」、この勘違いもグレインフリーフードブームの理由の一つのようです。

わたしもよく早とちりして、勘違いしてしまうことがあるので気持ちは分かりますが、自分が困るのは良くても自分の勘違いのせいで、かわいい猫ちゃんを困らせてしまうのは耐えられません。

気になることは徹底的に調べたいですね。

 

まとめ

グレインフリーキャットフードの特徴をまとめると、穀物が入っていないので普通のキャットフードにくらべて不溶性食物繊維が入っておらず、代わりにたんぱく質が多く含まれていることになります。

その特徴から、生まれるメリット・デメリットがこちらです。

メリット
  • 穀物アレルギーの猫でも食べられる
  • 消化器官に負担が少ない
デメリット
  • 肥満になりやすい
  • 下痢や軟便になりやすい
  • 腎臓病や肝臓病の進行を早めるかもしれない
  • 高価

メリット・デメリットから、グレインフリーキャットフードが必要な猫は「穀物アレルギーを持つ猫」「消化器官が弱い猫」ということになります。

もしあなたがグレインフリーフードにするか悩んでいる場合は以上のことに気を付けて選んでみてください。