ねこの雑学

猫の毛色と柄の種類は数千通り!【気になる性格との関連も公開】

年末にむけて家の片付けを頑張っていたら、ゆねをお迎えした時の写真がでてきました。

あの時「一緒に住んでみないと性格がわからないよね。

色や柄で個性がなんとなくわかったら、いろいろ用意もできるのに」なんて子供たちと話をしながら、ゆねをお迎えする準備をしていたのを思い出します。

みぽりん
みぽりん
どんな猫ちゃんでも、わが家に来てくれるだけで嬉しいですよ。

当時のわたし、ゆねをお迎えするまで我慢できなくて、実際に毛色や柄と性格との関係を調べてました。

流行した生年月日で人を動物に例えた占いみたいに、猫も毛の色や柄で性格がなんとなくわかれば、お迎えする時の心配や先住猫・家族との相性、仲良く暮らすためのヒントになるかもしれませんよ。

みぽりん
みぽりん
実際に、猫の毛色と柄・模様と性格の研究をしている科学者さんもいますが、現段階では立証する根拠はみつかっていません。猫占いみたいな感じで参考にしてくださいね。

 

飼い猫の多い柄トップ10

まずは、「どんな柄の猫ちゃんたちが多く飼われているのか」のランキングです。

出典:猫の国勢調査2019

1位の「キジトラ」は野良猫でもよくみる柄ですが、日本で2番目に多い柄は「ハチワレ」というのを知っていましたか。

みぽりん
みぽりん
下の写真のように、額の部分から鼻にそって八の字みたいに割れている猫のことです。

本来は、猫の柄が兜(=鉢)が割れたように見えることで、「鉢割れ(はちわれ)」と漢字で書きました。

戦につけていく兜が割れるのは縁起が悪いとされ、その後漢数字の「八」に見えることから「八割れ(はちわれ)」と書くようになったと言われています。

ぼうちゃん
ぼうちゃん
漢字の「八」は末広がりで縁起が良いとされているんだにゃ
たろう
たろう
とっても日本人らしいエピソードだにゃ。

日本ではわりとポピュラーな模様なので、道端で散歩していると出会えるかもしれませんよ。

みぽりん
みぽりん
チョビヒゲ柄など変わった柄の猫もいるので、探してみてくださいね。

 

毛色や柄・模様はどうやってできる?

ランキングでもわかったように、単色や2色縞のあるなどさまざまな色や柄・模様をした猫たちがいます。

たろう
たろう
 僕は茶色と白色で、口とおなかが白いにゃ 

この猫たちの毛の色や柄・柄を決定するには、その情報をつかさどる9種類の遺伝子があり、父猫から1つ、母猫から1つ受け継がれ2つで1対の遺伝子になります。

その2つの遺伝子が優性・劣性の組み合わさで、猫の毛色や柄・模様が決まるのです。

9つの遺伝子
  • W(ホワイト)
  • O(オレンジ・ブラウン)
  • A(アグーチ、1本の毛に縞が入る)
  • B(ブラック)
  • C(カラーポイント、顔や体の先の方に色が出る)
  • T(タビー、縞)
  • I(インヒビター、シルバーがでる)
  • D(ダイリュート、色を薄くする)
  • S(スポッティング、体の一部を白くする)

遺伝子が複雑に組み合わせにできているため、「産まれてくる兄弟や姉妹でも違う模様」「子猫の時に出てこなかった柄が、成長すると浮かび上がってきた」「親猫と違う毛色・柄なのに、祖父母猫とは同じ」などの現象がおこります。

また遺伝子のなかでも下記のようなルールがあり、柄や模様の表れ方に影響しています。

  • ホワイト遺伝子は、すべての遺伝子に対して優性なので母猫が黒猫・父猫が白猫だった場合、白猫になる確率が高くなる。
  • ブチの模様は、背中から色がついていき脇腹、頭などについていく。
  • オレンジ・ブラウン遺伝子などのように性別を決める性染色体(せいせんしょくたい)に影響を受ける遺伝子もある。

おなか側に茶色などの色があって、背中側が白い猫って見たことがないのは、この遺伝子のルールがあるからです。

みぽりん
みぽりん
「三毛猫にメスしかいない」と言われている理由も遺伝子が原因です。 

情報を持った遺伝子の集まりを「染色体(せんしょくたい)」と言い、XとYの2種類があります。

この2種類の染色体は、動物のオスとメスと決定する役目をもっていて、Xを2つ持つとメスに、XとYを持つとオスになるのです。

ぼうちゃん
ぼうちゃん
 理科の授業みたいだにゃ 

毛色をオレンジにする遺伝子と黒にする遺伝子は性染色体Xにしかないため、通常はメスしかその両方の色を持つことができないため三毛猫にはメスが多いと言われるわけです。

飼い主
飼い主
希少でも三毛猫にオスが産まれてくるのはどうして?

「クラインフェルター症候群」といわれる染色体異常で、XXYの性染色体を持っているために産まれてきます。

確率は3万頭に1頭でしか産まれてくることはありません。

みぽりん
みぽりん
 三毛猫のオスは大変貴重なため、昔は船の守り神として乗せたというお話もあります 。

 

猫の毛色と柄・模様の種類

おなじみの白・黒・グレー・茶トラ・キジトラ・サバトラ・ミケ・サビを基準に、白混ざりなどの柄・模様を組み合わせたのを全て合わせると、1,000通り以上と言われています。

ここでは、代表となる毛色や柄・模様の種類をご紹介いたします。

単色(ソリッド)

英語表記Solid White(ソリッド ホワイト)
色・柄・模様全身が白色
性格警戒心がとても強い
飼い主
飼い主
白猫って警戒心がとても強いって言っているけど、飼い主の私とと仲良くしてくれるかな

もともと猫は自分のテリトリーを大切にするので、警戒心が強い動物です。

白猫の場合、敵に狙われやすくなる白色を体全体に持っているので、警戒心が強くなって神経質になったといわれています。

お迎えした時に近寄ってくれなくても、飼い主の顔と匂いを覚えて「この人は大丈夫」とわかってくれると甘えるようになりますよ。

たろう
たろう
白猫ちゃん、すぐにやきもちを妬くから困るんだ。ほかの猫に猫パンチした所をみて怖かったにゃ

オッドアイやブルーアイの猫が産まれるので「神秘的な猫」と言われており、幸福を招く猫とも言われています。

英語表記Solid Black(ソリッド ブラック)
色・柄・模様全身が黒色
性格とても人懐っこくてフレンドリー
ぼうちゃん
ぼうちゃん
魔法使いの女の子のお話で、黒猫ちゃん活躍していたにゃ

フレンドリーで穏やかな性格なので、人やほかの猫とすぐに仲良くなります。

甘えん坊、頭のいい子が多いと言われているので飼育しやすい猫としても知られていますが、赤系の遺伝子を持つ黒猫は、用心深い性格と言われています。

灰色

英語表記Solid Grey(ソリッド グレイ)
色・柄・模様全身が灰色
性 格知的で穏やか、おっとりしている

濃淡や陰影が美しとされている灰色の毛を持つ猫は、猫通から「ブルー」「ブルーキャット」「ブルー猫」と呼ばれています。

飼い主
飼い主
体全体の色は灰色(グレー)なのに、なぜ青色(ブルー)なの?

 灰色の毛を持った猫は純血種に多いく、知的で穏やか・どこか余裕があるように見ますが、実は他の猫に比べて臆病者で警戒心が強い所もあります。

たろう
たろう
スコティッシュフォールドちゃんやロシアンブルーちゃんが「ブルー猫」になるんだにゃ

縞模様(タビー)

キジトラ

英語表記Brown Tabby(ブラウン タビー)
色・柄・模様ベースは茶で黒の縞模様が全身に入っている
性格警戒心が強く動き回るのが好き

鳥の「キジ(メス)」に似た模様のため、「キジトラ」と呼ばれるようになったといわれています

猫の祖先「リビアヤマネコ」に一番近いからか、野生的なところがあり、警戒心がとても強く活発に活動をします。

心を許した相手にしかなつかず、一度なつくとびっくりするぐらい飼い主さんにベタベタとしてきます。

ですが、かまわれ過ぎるのも嫌いなので、ほどほどに甘やかしてあげましょう。

また、キジネコは噛み癖があると言われます。

癖というよりかは「本能がむき出しで夢中になって噛んでしまっている」「(飼い主さんに)わかってほしいけど、わかってもらえなくて噛んでしまってる」の方が正しいようです。

みぽりん
みぽりん
 野性的なキジネコが、噛み癖があると言われています。

サバトラ

英語表記Silver Tabby(シルバー タビー)
色・柄・模様ベースは明るい灰色に黒の縞模様が全身に入っている
性格①おっとりして人懐っこいく甘えん坊
性格②神経質で警戒心が強く慎重派

魚の「サバ」に似た色をしていることからこの名前が付けられた「サバトラ」の性格は極端に2つに分かれてしまいます。

性格が2種類になった理由として、毛色がほかの猫に比べて明るい色をもっており、外敵に見つかりやすくなっていました。

そのため、「神経質になって自分で身を守る」か、「人間に守ってもらう」の二択だったので性格が分かれたといわれてます。

飼い主さんはどちらのタイプか見極める事が大切で、性格をわかって付き合ってあげると、とてもいい関係を築づくことができますよ。

ぼうちゃん
ぼうちゃん
「キジトラちゃんとよく間違えられる」と怒ってたにゃ。

茶トラ

英語表記Red Tabby(レッド タビー)
色・柄・模様ベースは薄いオレンジに赤みを帯びたオレンジ縞模様が全身に入っている
性格人懐っこくて、甘えん坊
ぼうちゃん
ぼうちゃん
英語では茶色の毛を「赤」というんだね。おもしろいにゃ

人や他の猫が大好きで甘えん坊な所があり、特に「茶トラのオスは特に甘え上手」とも言われています。

とても活発的ですが、遊びや食べ物の好みなどこだわりが強いところもあるので、しっかりと把握しておくことが大切です。

二色・三色模様(バイカラー・キャリコ)

黒白・白黒

飼い主
飼い主
白黒の2色の猫ちゃんは、どっちがどっちの呼び方でもいいんじゃないの?

白と黒の毛色を持った猫は、体に出ている色の割合で呼ばれ方がかわるんです。

  • 黒白・・黒の割合が多い
  • 白黒・・白の割合が多い

見た目は似ていますが性格は全然違います。

●黒白
英語表記black and white(ブラック&ホワイト)
色・柄・模様ベースが黒色で白の模様が入っている
性格人懐っこくて、温和でマイペース

黒色を多く持つ黒白猫は、黒猫の性格とよく似ていてフレンドリーで穏やかな性格の猫が多いですが、一般の猫よりも少し警戒心が強いので心を開くには時間がかかってしまいます。

●白黒
英語表記white and black(ホワイト&ブラック)
色・柄・模様ベースが白色で黒の模様がはいっている
性格おとなしそうにみえて、実は強気

黒白猫と同じく、白黒猫も白猫の性格によく似ていて警戒心がとても強く神経質なところがあります。

飼い主
飼い主
白猫ちゃんの時のように、白黒猫ちゃんも仲良くなるは時間かかるのかな?

白黒猫の場合、黒猫の「フレンドリーで穏やかな性格」も持っているので、白猫よりも早く慣れることが多いです。

一度なつかれると、甘えん坊になるから焦らずに仲良くなっていくのがおすすめです。

黒と白の2つの柄は野良猫でもこの色や柄が多いことから、共通した性格として「へこたれない性格」が備わっているとも言われています。

三毛

英語表記Calico(キャリコ)
色・柄・模様白・茶・黒が入っている(割合は関係ない)
性格ツンデレのお嬢様気質

白・黒・茶の3色が入った毛色は割合や色の濃さにより「黒三毛」「薄三毛」「とび三毛」などの呼び方をされています。

三毛猫は和猫で「おっとり」としたイメージを持ちますが、メス猫の特有の気の強さあり人間に例えると「すこしわがままなお嬢様」な性格です。

みぽりん
みぽりん
三毛猫ちゃんの、「クール」な「思いっきり甘えてくる」時のギャップがたまらない飼い主さんが続出していますよ。

自由奔放で好奇が旺盛、運動神経がよく器用で賢いという一面も持っています。

サビ

英語表記Tortoiseshell(トーティシェル)
色・柄・模様黒、茶のまだら模様
性格あいきょうと協調性があり、頭がよく甘えん坊

別名「ベッコウ猫」とも呼ばれ、見た目は三毛に似ていますが性格はまったく違います。

奥ゆかしく、愛情が深い温厚な性格の猫で、争いごとを好みません。

また、周りの空気をしっかりと読んで行動をする頭脳派でもあるので、多頭飼いにも向いていますよ。

また、飼い主と信頼関係ができると、べったりと甘えん坊になり、寂しがり屋で嫉妬深い性格ともいえます。

キジ白

英語表記Brown and White Tabby(ブラウンタビー&ホワイトタビー)
色・柄・模様ベースは茶で黒の縞模様が全身に入っていて、顔の下側・おなか・足の先などが白くなっています。
性格やんちゃ、警戒心が強く慎重派

「キジトラ」の特徴がよく残っていて、警戒心がとても強くなかなか人やほかの猫と仲良くなってくれません。

たろう
たろう
キジ白ちゃんは、いつもじっと観察をしているにゃ

慎重派なので、しっかりと相手をよく見て自分にとって大丈夫な人(猫)なのかをしっかり見極めます。

仲良くなれば甘えん坊になってくれますが、抱っこなど触られるのは苦手です。

体を動かすことが大好きなので、飼い主さんは抱っこよりも、一緒に遊んでコミュニケーションをとったほうが喜びます。

みぽりん
みぽりん
長毛種のキジ白ちゃんは、おっとりしていて我慢強いですよ。

サバ白

英語表記Silver and White Tabby(シルバータビー&ホワイトタビー)
色・柄・模様ベースは灰色で黒の縞模様が全身に入っていて、顔の下側・おなか・足の先などが白くなっています
性格①おっとりとして人懐っこい甘えん坊
性格②神経質で警戒心が強く慎重派

「サバトラ」と同じく2つのタイプに分かれていて、こちらも飼い主さんがしっかりと見極めて、接してあげるのが仲良くなるポイントです。

白い部分が多いほど「プライドが高く、賢い」と言われています。

ぼうちゃん
ぼうちゃん
どちらの性格のサバトラ白ちゃんも「かまわれ過ぎるのは嫌い」と言っていたにゃ~、いい距離感で付き合ってあげてにゃ。

茶白

英語表記Red and White Tabby(レッド&ホワイトタビー)
色・柄・模様ベースは薄いオレンジに赤みを帯びたオレンジ縞模様が全身に入って顔の下側・おなか・足の先などが白くなっています
性格とても社交性が高く、人懐っこく甘えん坊

触れらることが大好きで、飼い主さんにはとても甘えん坊になります。

たろう
たろう
茶トラちゃんの性格がとても影響していているんだにゃ

他の猫と争うのをとても嫌うほど社会性や協調性が高く、自ら率先して小さい猫の面倒をみたりする茶白もいます。

初めて猫を飼う人には、とても飼いやすい猫です。

ぼうちゃん
ぼうちゃん
こうしてみるとたくさんの種類があるんだにゃ。

毛や柄・目の色や柄・模様だけではなく、瞳や尻尾の形などの遺伝子も加えたら種類は何万通りにもなってしまいます。

また、生活環境や飼い主さんとの関わり方で性格が変わってくるので、色や柄・模様が似ていても全く一緒の猫ちゃんがいないというのも、うなずけますね。

 

まとめ

今回は猫の毛色と柄・模様についてご紹介しました。

まとめ
  • 猫には毛の色や柄・模様をつかさどる9種類の遺伝子があり、父猫から1つ、母猫から1つ受け継がれ2つで1対の遺伝子になります。
  • 2つの遺伝子が優性・劣性の組み合わさで、猫の毛色や柄・模様が決まる。

また、遺伝子のなかでもルールがあり、柄や模様の表れ方に影響をします。

  • ホワイト遺伝子は、すべての遺伝子に対して優性なので母猫が黒猫・父猫が白猫だった場合、白猫になる確率が高くなる。
  • ブチの模様は、背中から色がついていき脇腹、頭などについていく。
  • オレンジ・ブラウン遺伝子などのように性別を決める性染色体(せいせんしょくたい)に影響を受ける遺伝子もある。
ぼうちゃん
ぼうちゃん
複雑すぎてボクには覚えられないんだにゃ~

基準の毛色と柄・模様を組み合わせたのを全て合わせると、1,000通り以上と言われています。

毛色と柄・模様の種類と性格
  • 白→警戒心が強い性格
  • 黒→とても人懐っこくフレンドリーな性格
  • 灰色→知的で穏やか・おっとりな性格
  • キジトラ(茶×黒)→警戒心が強く動き回るのが好きな性格
  • サバトラ(灰色×黒)→おっとりして人懐っこいく甘えん坊な性格か、神経質で警戒心が強く慎重な性格
  • 茶トラ(薄いオレンジ×茶褐色)→人懐っこく甘えん坊な性格
  • 黒白(黒×白)→人懐っこく温和でマイペースな性格
  • 白黒(白×黒)→おとなしそうにみえて、実は強気な性格
  • 三毛(白×茶×黒)→好奇心が強く自由奔放な性格
  • サビ(黒×茶×赤)→あいきょうと協調性があり、頭がよく甘えん坊な性格
  • キジ白(茶×黒×白)→警戒心がやや強めな性格
  • サバ白(灰色×黒×白)→おっとりして人懐っこい性格か、警戒心が強く慎重な性格
  • 茶白(薄いオレンジ×茶褐色×白)→人懐っこく甘えん坊で活発な性格

みんなさんの近くにいる猫と、毛色と柄・模様と性格があっているか、一度答え合わせしてみてくださいね。

【幸運を運ぶ名前】猫ともっと分かり合える!猫の姓名判断とは猫の名前も姓名判断があるんです。愛猫に何気なくつけた名前にどんな意味や性格、力が込められているか気になりませんか。幸せに長く一緒に暮らしていけるように、できれば幸運を運ぶ素敵な名前を付けてあげたいですよね。今回は、幸運を運ぶ猫の名前と猫の姓名判断からみる性格や付き合い方についてご紹介したいと思います。...
【猫は幸せを運ぶ】科学的にも証明された癒しパワーを教えます!猫が「幸せを運ぶ」といわれるのには、縁起のいい動物といての神秘的な力のほかにも、科学的に証明された理由もあるんです。それを知ると、猫が飼い主に与えてくれる『本当の幸せを呼ぶ力』が分かり、愛猫のことがもっと好きになりますよ。今回は「幸せを呼ぶ猫」についてと、猫の「本当の幸せを運ぶ力」についてお話していきたいと思います。...