ねこの病気・ケガ

歯磨き嫌いな猫におすすめ!【飲み水に入れるだけの簡単お口ケア】

これまでたくさん猫ちゃんの歯やお口の健康の大切さをお伝えしてきましたが、実は猫友さんにも同じようにお話しすることが多いんです。

そんな猫友さんの一人から、「ゆねさんの熱弁のおかげで、歯磨き嫌いな子だけど歯磨きトレーニングを始めることにしたよ!」という嬉しい言葉をいただいたんです。

ゆね
ゆね
わたしの思いが伝わったようで感激・・・!

その猫友さんの猫ちゃんは元野良ちゃんで、ひどかった健康状態も取り戻し、飼い主さんにも懐いてくれるようになったんですが、元野良だけあって顔回りや歯を触られるのはとても苦手。

飼い主
飼い主
ちゃんと歯磨きできるようになるまで歯が放置になっちゃう。何かトレーニング中でも歯をケア出来るものってないのかしら?

確かに歯磨きトレーニング中だったり、歯を触られるのがどうしても嫌な猫ちゃんのお口のケアもしたいですよね。

そんな猫ちゃんには飲み水に混ぜるだけでいい簡単な歯磨き、「飲む歯磨き」をオススメします。

歯磨きが嫌いだからといって放置してしまっては、歯周病など最悪生命にかかわる状態にもなりかねません。

今回は「飲む歯磨き」の嬉しい効果や、厳選したおすすめ商品3つをご紹介していきます。是非、水に入れるだけの簡単お口ケアを取り入れてみてくださいね。

 

飲む歯磨きの効果

「飲む歯磨き」というと、わたしたち人間でいう液体歯磨きをイメージする方が多いかもしれませんが、実は全然違うものなんです。

もちろん歯磨き効果があることには変わりないのですが、正しい知識を持っておかないと、「全然効果ない~!プンプン!」なんてことにもなりかねません。

そうならないように、まずは飲む歯磨きの効果や使い方を知っていきましょう。

飲む歯磨きの主な効果

「飲む歯磨き」はその名の通り、水に混ぜて猫ちゃんが飲むことで、歯や口内に歯磨き効果がある製品のことです。

飼い主
飼い主
なんで水に入れるだけで歯磨きになるの?

それは、その液体の中にお口の汚れを落としてくれる成分や、殺菌効果のある成分が含まれているから。

例えばわたしたち人間でいうと、緑茶に豊富に含まれるカテキンは抗酸化作用や殺菌作用があるので、口内炎などの症状や予防に緑茶を飲むと良いとされています。

このように、お口に良い成分の入ったお水を飲んでもらうことで、簡単に歯やお口のケアができるということなんです。

ゆね
ゆね
つまり、猫ちゃんの飲み水をお口に良い飲み物に変えちゃうってことです!
たろう
たろう
お水飲むだけでいいなんて楽ちんにゃ~♡

そんな「飲む歯磨き」を摂取することで得られる主な効果はこちら。

  • 食べたエサの汚れが取れやすくなる
  • 歯垢がつきにくい状態にする
  • 歯石が出来にくい状態にする
  • 口臭の軽減

もちろん製品によって成分は様々なのですが、中には腸内細菌にも効果がある成分を使っていて、お口の中だけでなく腸内環境までも改善する製品などもあるんですよ。

ちなみにこういった飲み水に入れるタイプの歯磨きは主に「液体歯磨き」「飲む歯磨き」「飲むタイプの歯磨き」などと言われています。

しかし「液体歯磨き」という製品には、歯ブラシやガーゼで磨くために使う液体状の歯磨き粉も含まれています。

飲み水に入れる液体歯磨きと、歯ブラシにつける液体歯磨きでは使い方も全く違うので、お買い物の際は間違えないよう気をつけてくださいね。

ぼうちゃん
ぼうちゃん
ややこしいから今回は「飲む歯磨き」で統一にゃ!

なお、歯ブラシで使う歯磨き粉を探している方はこちらでオススメ商品をご紹介していますよ。

猫に歯磨き粉は必要?実際に使ってみた感想とおすすめを大公開!猫は嫌な事はずっと覚えている生き物。もし、歯磨きがきっかけで信頼関係が崩れるのは嫌ですよね。歯磨き粉の特徴を生かして嬉しいや楽しいと思ってもらうようにすることが歯磨きにのコツです。どのような歯磨き粉があるのか3人の体験者が選んだ理由もをご紹介します。...

飲む歯磨きの使い方

「飲む歯磨き」の使い方はとっても簡単。猫ちゃんが普段飲むお水に、決められた量を加えるだけ。

ほとんどの製品がかき混ぜる必要がないように作られているので、飼い主さんがやることはお水に混ぜるだけなんです。

あとは猫ちゃんが好きなタイミングで飲んでくれれば大丈夫。猫用の給水機を使っている方も、それに対応している製品もあるからご安心を。

飼い主
飼い主
 せっかくの飲む歯磨きがもったいないし、全部飲み切るまでそのままでもいいかしら? 

その気持ちはとてもよくわかりますが、飲み残してしまったお水は1日1回は必ず取り替えましょう。含まれる成分によっては、放置するとカビなどの原因になってしまいます。

また、量も製品によって決められた量を守りましょう。製品によってはお腹がゆるくなったりすることもありますし、健康に良いという食べ物や飲み物でも過剰摂取はよくありません。

ですが、匂いなどに過敏な繊細猫ちゃんには、少量から混ぜていくのは良い方法です。ほとんどの製品が無味無臭に作られていますが、やはり敏感な猫ちゃんは気付くようです。

たろう
たろう
違いの分かる猫・・・それがぼくにゃ!

また、開封したあとの保管方法も製品によって異なります。冷暗所で保管となっているなら冷蔵庫や床下収納庫、常温保存なら風通しのいい温度変化の少ない場所に保管してくださいね。

飲む歯磨きの注意点

飼い主
飼い主
やったぁ!これさえあれば辛い歯磨きしなくて済む~!!
ゆね
ゆね
気持ちはわかりますが、全面的に頼るのはちょっと早いかも!

簡単にお口のケアができる「飲む歯磨き」ですが、メリットだけではありません。もしこれですべて解決するなら、こんなに沢山の歯磨きグッズが世の中にあるわけないですもんね。

飲む歯磨きの注意点
  • 飲む歯磨きを混ぜた水が、確実に汚れに届くとは限らない
  • 製品によっては、敏感な猫は飲みたがらないこともある
  • 成分によってはその猫に合わない場合もある
  • 水をあまり飲まない猫には向いていない

特に1つ目。飲み水に混ぜて飲んでもらうという方法である以上、猫の飲み方によっては歯の奥まで届くとは限りません。

また、水をあまり飲んでくれなくて、ウェットフードや鶏肉のゆで汁などで水分を補っているような猫ちゃんには向いていません。

このように注意点はあるものの、やはり飼い主さんの大きな手助けになってくれることは間違いありません。

そんな「飲む歯磨き」を使うのがオススメな猫ちゃんやシチュエーションを続いてご紹介しますね。

 

ぜひ取り入れて!こんな猫・こんな時

手軽にお口ケアが出来る「飲む歯磨き」ですが、特におすすめなのが次のような猫ちゃんやシチュエーションです。

  • 水をよく飲む猫
  • 歯磨きや口を触られるのがどうしても嫌な猫
  • 歯ブラシやシートなどによる歯磨きトレーニング中の猫
  • 自分の子育てや多頭飼いなど、毎日の歯磨きの時間がとれない時
  • 他の人に預ける時の歯磨き代用として
  • 保護直後など、すぐお口のケアをするのが難しい時

「飲む歯磨き」を愛用している方のほとんどが、猫ちゃんの歯磨きが難しい飼い主さんです。口を触らなくてもお口ケアが出来るというのがやはり最大のメリットですよね。

また、飲む歯磨きは基本的に日々継続して使う必要がありますが、旅行や出張など短期間の歯磨きの代用として使うのも良いですよ。

もちろん、歯ブラシが出来ている子に飲む歯磨きを使って、猫ちゃんのお口をさらに良い状態にしていくという使い方も花丸です。

また、薬との併用には問題ないものがほとんどですが、心配な方はその製品を持っていくか成分を獣医さんに伝えて、確認してくださいね。

逆に向いていない子は、先ほどもお伝えしたように「水をほとんど飲まない子」です。水に混ぜる歯磨きなので、そもそも水を飲んでくれないと意味がありません。

たろう
たろう
お風呂の水とか、決まった水しか飲まない子もいるしにゃ~

水をうまく飲ませる方法についてはこちらで紹介してますので、なんとか飲む歯磨きを使いたい!という場合にはこちらをご覧ください。

水分補給が大切!
【猫が水を飲まない?】水を飲まない危険性と飲んでもらう為の方法!猫ちゃんに上手に水分補給をしてもらうにはどのようにすれば良いのでしょうか。今回は猫ちゃんが水を飲まないとどうなるのか、水を飲ませるために実践しやすい方法をいくつか説明しているので、猫ちゃんを飼っている方必見です。...
ゆね
ゆね
 ですが、飲む歯磨き以外にも、エサにふりかけて食べてもらうタイプや、歯垢を取りやすくしてくれるキャットフードもありますよ!一度こちらの記事を読んでみて、適しているものを選んでくださいね。 
猫の歯の病気の7つサイン!症状とケアを知って健やかライフを!猫は歯の病気にはなりやすいのです。 なぜなら猫は人よりずっと速いスピードで歯垢が歯石にかわるからです。そのことも踏まえながら今回は、大切な猫ちゃんの口内環境と歯の病気、歯のケア方法についてお話ししようと思います。...

 

オススメ飲む歯磨き

ゆね
ゆね
お待たせしました!ここからおすすめの「飲む歯磨き」を紹介していきますね
飼い主
飼い主
どんなのがあるのか楽しみ~!

動物病院でもおすすめ!「リデンタ ウォータープラス」

飲む歯磨きとして必ずと言っていいほど紹介されているのがこちらの「リデンタ ウォータープラス」。わたしも昔の愛猫「しゅり」の歯のケアが難しかった時に、獣医さんに教えてもらった商品です。

原材料として使われている「ユッカシジゲラ」という植物のエキスにより、歯垢・歯石の予防が期待できます。

この植物は、北米のネイティブアメリカンの中で「生命の樹」とも呼ばれ、古くから関節痛や炎症などに効く薬草として使われてきた植物なんです。

このエキスに含まれるサポニンは、抗炎症作用があり、またビフィズス菌を増殖してくれる作用もあるので、腸内環境も整えて口臭ケアも出来るんです。

ぼうちゃん
ぼうちゃん
ハーブの力でお口をケアできるんだにゃ~

お口を触らせてくれる猫ちゃんには、飲み水に混ぜるだけでなくガーゼなどに含ませて歯茎マッサージに使うのもオススメですよ。

成分精製水・ユッカシジゲラエキス・ハーブ・安息香酸ナトリウム
効果歯垢・歯石の予防、口臭の改善、抗炎症作用
使用方法飲み水に混ぜる、脱脂綿やガーゼに含ませて歯根付近をマッサージする
使用量飲み水500mlにつきキャップ1杯(5ml)
風味無味無臭(原液はかすかにハーブの香り、希釈することでほぼ無臭)

「しゅり」は歯磨きをさせてくれなかったので、こちらを使用。3か月ほど続けると、生臭かった「しゅり」の息が気にならなくなったのには驚きましたね。

ゆね
ゆね
「しゅり」は最初は気にしていましたが、少ない量から始めていくとそのうち慣れて、むしろ入ってないと催促してくるようになりました(笑)

原材料は水だけ!アルカリ電解水100%「ボーダン」

飼い主
飼い主
 水だけ?それでなんで汚れがとれるの? 

この「ボーダン」は、水を特殊な製法で電気分解した電解還元性イオン水です。これは「アルカリ電解水」や「還元水」とも表現されることもあります。

アルカリ電解水はタンパク質や油脂を分解する性質があり最近では、便利で赤ちゃんや環境に優しい掃除用品としても注目を集めています。

また、表面張力が普通の水より低いので、細かい汚れの隙間まで入りこむことが出来るんです。

たろう
たろう
普通の水がタピオカで、ボーダンがお塩だとしたら・・・どっちが細かい所まで入れるかわかるよね!
成分水(電解還元性イオン水)
効果歯垢や歯の汚れをはがす
使用方法飲み水に混ぜる
使用量飲み水100mlにつき1プッシュ
風味無味無臭

こちらを使っている知り合いの飼い主さんによると、他の飲む歯磨きは合わなかった敏感な猫ちゃんでも、こちらは大丈夫だったとのこと。

ゆね
ゆね
原材料が水だけあって、繊細な猫ちゃんにもオススメです!

化学物質不使用!フルボ酸歯磨き「シグワン ハミガキサプリ」

ぼうちゃん
ぼうちゃん
 フルボ酸ってなんなのにゃ? 

フルボ酸というのは、クエン酸や酢酸などと同じ有機酸の一種で、枯れ木などが微生物によって分解されて出来る、天然の物質です。

土の中に長い年月をかけて蓄積されていく、このフルボ酸には抗炎症作用や抗酸化作用があるといわれています。化粧水やサプリメントとしても使われており、まだまだ研究途中ではありますが注目の成分なんです。

こちらの「シグワン ハミガキサプリ」は約8000年前の腐植土からろ過抽出しているフルボ酸100%の製品で、飲み水に入れてもいいし、直接お口にスプレーする使い方もできるんです。

飼い主
飼い主
防腐剤とか、添加物が入っていないのがいいわね
成分フルボ酸エキス100%(純天然腐葉土由来抽出物)
効果口内炎、歯石の予防、口腔内の菌の繁殖を抑える
使用方法飲み水に混ぜる、または口の中に直接スプレー、もしくはガーゼに吹き付けて直接歯をこする
使用量飲み水300mlに対し、3~4回程度プッシュ(口に直接スプレーする場合は2~3プッシュ)
風味無味無臭
ゆね
ゆね
 今の愛猫「ゆね」は、わたしの歯磨きしか受け付けてくれないので、私の不在時にこちらを使っています。全然気にせず飲んでくれてますよ! 

 

おまけ:直接歯に吹きかけるスプレータイプ

先ほどご紹介した「リデンタ ウォータープラス」に、さらに有効成分を加えたスプレータイプがありますので、せっかくなのでご紹介させていただきますね。

こちらの「リデンタ 歯石ケアスプレー」には、「ウォータープラス」に含まれていた「ユッカシジゲラエキス」に加え、抗酸化作用が強いブドウ種子エキスや、口内感染症を起こす微生物と戦ってくれるフラボノイドが配合されています。

たろう
たろう
フラボノイドっていうのはカテキンとかアントシアニンとか、天然に存在する成分のことだよ!

「歯石ケアスプレー」という名前の通り、より歯石への効果が高い製品で、お口の中を歯石が出来にくい環境にしてくれます。直接お口にスプレーしたら拭き取る必要はなく、そのままで大丈夫。

より効果の高いお口ケアが出来るので、お口周りを少し触らせてくれるようになったらこちらにトライするのも良いですね。

ゆね
ゆね
 ただし、「シュッ」という噴出の音が怖い猫ちゃんもいるので、怖がったら無理に使わないようにしてくださいね。 

 

まとめ

水に混ぜるだけという、歯磨きが苦手な猫ちゃんや、忙しい飼い主さんにとっても使いやすい「飲む歯磨き」。

歯磨きトレーニング中の猫友さんも、早速取り入れてみて、歯が放置になっているという不安感が解消できたとのこと。

年齢制限や薬との飲み合わせなど、条件や使い方に難しいことはないので、是非気軽に取り入れてみてくださいね。

最後に、「飲む歯磨き」には他にもたくさんの製品があります。ですが、お水に入れて体内に入れるという使い方である以上、安全性にはこだわりたいですよね。

今回紹介した製品は、どれも猫ちゃんの安全性を重視したものなので、もし迷ったらこの3つからまずは試してみてくださいね。

ぼうちゃん
ぼうちゃん
ほかにも、遊びながら歯磨きできるオモチャもあるんだよ!もっと知りたい人は読んでみてね
歯磨き嫌いの猫ちゃんにおすすめ!遊んでケアできるおもちゃ教えます皆さんの愛猫ちゃんは嫌がらずに歯磨きさせてくれますか?わたしも歯磨きしなければと頑張りましたが、断固拒否されお手上げ状態でした。そこで友人から勧められて使うようになったのが、デンタルケアができるおもちゃ。今回は歯磨きさせてくれなくて困っている飼い主さんのために、おもちゃ選びのポイントやおすすめのおもちゃを紹介していきます。...
猫の歯磨きを始める飼い主さんへ!おすすめ歯磨きシートを徹底紹介実は猫の歯磨きについてのとらえ方って、飼い主さんそれぞれ違うんですよね。 でも、現役歯科衛生士のわたしとしては、声を大にして言いたい。 猫ちゃんの歯磨きは1日1回。 しかしブラシを使っての歯磨きは、初心者の方や、口を触られるのが嫌な猫ちゃんにとってはかなりハードルが高いもの。 そこで、歯ブラシを使うという最終目標の前に試してみてほしい、「歯磨きシート」について、選び方や歯磨きのやり方まで、わたしが徹底的にご紹介しちゃいます。 お口のケアを甘く見て行わないと口内炎や歯周病など、大切な猫ちゃんの命にかかわる病気につながる危険性があります。 ぜひこの機会に猫ちゃんのお口のケアを一歩進めてみてくださいね。...