ねこの飼い方

猫はマンション生活でも大丈夫?快適に暮らすためのコツをご紹介!

飼い主
飼い主
今度、ペット可のマンションに引っ越す予定です。主人もわたしも仕事してるので、飼うなら散歩などをしなくても大丈夫な猫がいいのかなと思っています。でも猫ってお外が好きそうだし、マンション生活だと窮屈なんじゃないかなって。

猫ってお外が好きなイメージがありますよね。猫を飼うなら、マンションよりも走り回ったり出来る戸建ての方がいいのか。

それでも通勤や通学のことを考えると、駅などに近いマンションの方が便利だったりしますよね。

飼い主
飼い主
ペット可のマンションでも、猫が走り回ったりした時に下の階の住人から苦情が来ないかと、ビクビクしながら過ごしたりしないかしら?

このように猫をマンションで飼おうと思った時の悩みって、たくさんあるのではないでしょうか。

マンションにはたくさんの人が住んでいます。その中には、猫が苦手な方だっているでしょう。

マンションで猫を飼う時はルールやマナーを守らないと、思わぬトラブルを招くことがあります。

今回はマンションで猫を飼いたい人のために、快適に過ごすためのコツをご紹介していきたいと思います。

ゆね
ゆね
マンションで飼う時に注意する点や事故対策なども解説するにゃ!

 

猫はマンション暮らしに向いているの?

結論からお伝えしますと猫はマンション暮らしに向いています

その理由がこちら。

マンション暮らしに向いている理由
  • 完全室内飼いでOK
  • そこまで大きくならない
  • あまり鳴かない
  • 脱走しにくい

それでは細かく見ていきましょう。

完全室内飼いでOK

猫は犬と違って完全室内飼いで大丈夫なんですよ。

お散歩などをする必要もありませんし、トイレも室内で大丈夫なので病院に行くなどの用事以外お外に出さなくても大丈夫です。

お外に出さないので交通事故や感染症などの心配がありません

たろう
たろう
事故や病気のリスクが低いから、完全室内飼いだとぼくたちの寿命も延びるんだにゃ。

猫の完全室内飼いについては環境省も推奨していますので、よかったら参考に読んでみてくださいね。

出典:環境省「猫の室内飼育」(PDF)

そこまで大きくならない

成猫(1歳以上)の体長平均は50~55cmほどです。「ペット可物件」にも大きさや飼育するペットの数など細かい条件があります。

猫の場合、サイズ制限で引っかかることはほぼないでしょう

みぽりん
みぽりん
飼い始めは子猫で小さかったとしても、大きくなった時のサイズを考えて飼ってくださいね!

猫の中で最も大きいと言われているメインクーン。大きい子は体長(胸からしっぽの付け根まで)100cmになることがある。

あまり鳴かない

成猫は発情期以外などで鳴くことはほぼありません

ゆね
ゆね
鳴くときは「お腹が空いた」や「遊んで」っていう時が多いにゃ。そして、そんなに大きい声で鳴かないにゃ。
飼い主
飼い主
わたしは子猫が飼いたいんだけど、子猫ってよく鳴いているイメージがあるわ。

子猫の内は身体の機能が未熟なので、1回の食事の量が少ないですよね。だから、お腹が空くのも早いんです。

当然、お腹が空いたら「ミャー」と可愛い声で鳴きます。

子猫のお世話に慣れるまでは要求が理解できなかったりして、いつまでも鳴いているなんてことがあります。

でも人間の赤ちゃんと同じで、お世話しているうちに「あ、ミルクだな」「トイレかな」って分かるようになるんですよ。

子猫が何で鳴いているのかが分かれば、ずっと鳴いているなんていう状況は無くなりますよね。

脱走しにくい

戸建ての場合、玄関の他にも1階部分の窓、時には2階の窓などから外へ出ることが出来てしまいますよね。

でもマンションの場合、2階以上であれば外へ出ることが出来るのは玄関とベランダになります。

ゆね
ゆね
マンションの1階などは戸建て同様、脱走経路が多くなるにゃ!

 

猫をマンションで飼う時に注意すること

マンションで猫は飼いやすいですが、マンションで暮らすからこそ気を付けることがありますのでご紹介していきますね。

ベランダなどからの落下事故

猫がタンスやチェストの上などから、ひょいっと飛び降りてくる姿を見たことはありませんか。

大人が使う少し背の高いものだと120cmほどの高さがあります。猫は250cmまでの高さなら落ちてもケガを負うことは少ないです。

この250cmはマンションでいうと床から天井までの高さになります。

飼い主
飼い主
ということは…お家の中の家具から落ちるのは平気だけど、マンションの2階から落ちればケガをするってことね!
ぼうちゃん
ぼうちゃん
そうでもないんだにゃ。この間、ぼくの友達がお家のカーテンレールから飛び降りたら、着地に失敗して前足を骨折したんだにゃ。友達は「運動不足だったから筋力が衰えたんだな」って言ってたにゃ。

完全室内飼いの猫は運動不足や肥満などにより、250cm以下の場所から飛び降りてケガをすることも少なくありません

室内の落下事故でケガをする子がいる中、高層マンションなどに住んでいる猫がベランダから落下したのに、奇跡的に生きているという事もあるんです。

たろう
たろう
マンションの17階に住んでいるぼくの友達は、ベランダでお昼寝が日課なんだにゃ。ある日いつものようにお昼寝していた所にセミが飛んできて、ビックリした友達はパニックになって、そのままベランダから大空に向かって大ジャンプしたんだにゃ。
ゆね
ゆね
ベランダでのお昼寝は気持ちよさそうなんだにゃ。そのお友達はどうなったんだにゃ?
たろう
たろう
大空へ大ジャンプした友達は、落ちた時に手と足を目いっぱい広げてムササビのような状態になって、落下速度を落としたんだにゃ。そして着地した所がマンションの植え込みの所だったから、骨折はしたけど命は助かったにゃ。
ゆね
ゆね
落ちてから着地までに時間があったから態勢を整えることが出来たのかにゃ?そして、更に植え込みに落ちたから命は助かったって事かにゃ。
たろう
たろう
ゆねちゃん、正解だにゃ!

ベランダでのお昼寝はとっても気持ち良さそうですが、万が一のことを考えるとベランダには出さない方がいいですね。

誤飲・誤食

マンションだけでなく戸建ての方にも注意して頂きたいのが「誤飲・誤食」です。

特にキッチンには猫にとって危険なものがたくさんありますよね。

飼い主
飼い主
包丁とかは危ないって分かるけど…あと、危ないものってなんだろう?
ゆね
ゆね
お兄ちゃんたちが、美味しそうに食べているお菓子とかもみぽりんは「ダメ!」って言うにゃ。

小さい子も大人も大好きなチョコレート。猫がチョコレートを食べると、下痢や嘔吐などと言った中毒症状が起きることがあります

チョコレートの他にも猫が食べてはいけない代表的なものがこちら。

食べてはいけないもの症状
ねぎ類、ニンニク重度の貧血。
生卵、生肉下痢、嘔吐。
サルモネラ菌、大腸菌などが原因なので人にも感染する。
アルコール嘔吐、下痢、方向感覚をなくす
乳製品、牛乳下痢
キシリトールを含むもの低血糖になり、意識障害、けいれん
最悪の場合、死に至ることがある
ブドウ、レーズン腎臓に何らかの障害が起きる
飼い主
飼い主
え?こんなにあるの?チョコレートとか子供たちが出しっぱなしの時とかあるのに…これからはちゃんとしまわなくちゃ!

玉ねぎなどは使いかけでなければ冷蔵庫には入れませんよね。冷蔵庫に入っていないものは猫の手が届きやすくなります。

玉ねぎはネットなどに入れて通気性を良くし、吊るしておくのが安全ですよ。

猫がチョコレートなどを食べた可能性がある時は、すぐに獣医さんに診て貰ってくださいね

脱走

飼い主
飼い主
この間、お隣の奥さんと玄関先でお話している時にうちの子がピューっと出ていちゃって、慌てて捕まえたわ。
飼い主
飼い主
うちは宅配便を受け取っている時に玄関から出ちゃったことがあるわ。リビングのドアは閉めていたのに、簡単に開けちゃうみたい…困ったわ。

リビングのドアは閉めたはずなのに、なぜか玄関に猫がいたなんてこともありますよね。

ドアを簡単に開けることが出来る子もいるんですよ。

ゆね
ゆね
飼い主さんたちの行動を見ているから、開け方は分かるんだにゃ。

猫にリビングなどのドアを開けられる時は、ドアノブの向きを変えてみてくださいね

出典:Twitter

みぽりん
みぽりん
必要なものはドライバー1本だけです。ドアノブは下向きに付けるのがオススメ!上向きにつけると上の動画の猫のように、ドアノブに抱き着き体重を利用して開けてしまうので。

「今まではドア開いたのに、開かないにゃ」って怒る猫もいますが、脱走されるよりはいいですよね。

鳴き声や大きな音

マンションで一番気になるのは、鳴き声や走り回る時の音などではないでしょうか。

猫たちはわたしたちがぐっすりと眠っている、深夜から明け方の時間帯に突然走り出したり、ジャンプしたりしますよね。

人は寝ている時間帯なので少しの物音でもかなり響きます

飼い主
飼い主
明け方にリビングのイスを倒しちゃって…下の人に怒られたわ。

走り回っている猫たち、前に物が置いてあっても急には止まれません。そのままぶつかって物を倒してしまいます。

猫たちが走り回ったり、物を倒したりしても下に音が響かないように、防音効果のあるラグやカーペットを敷きましょう。

防音なので小さいお子さんが走り回る時も使えますよ。

ぼうちゃん
ぼうちゃん
これで走り回っても怒られないにゃ!

ここまでのおさらいをしますね。

猫をマンションで飼う時に注意すること
  • ベランダなどからの落下事故
  • 誤飲・誤食
  • 脱走
  • 鳴き声や大きな音

 

猫との快適なマンション生活のためのコツ

マンションって色々な方が住んでいますよね。ペットを飼っている人もいれば、ペットが苦手な方もいます。

みんなが快適に過ごせるようにマンション生活だからこそ、やっておくことをご紹介しますね。

ペットが飼える物件なのかを確認する

まずは猫を飼う前に住んでいる所・住みたいマンションが『ペットの飼育が出来る物件か』ということを確認しましょう。

ペット飼育不可の物件で猫を飼うのはマナー違反でもあり、契約違反にもなります

動物に対してアレルギーを持っている方なら、ペット飼育不可物件を選んで入居しますよね。

いないはずの動物がいることで、アレルギーが発症し体調不良になることも考えられます。

みぽりん
みぽりん
わたしの友達に一人暮らしの時にペット飼育不可のマンションで猫を飼った子がいました。その子は猫を飼っていることを隣人の人にバレてしまいました。バレた理由は隣人が猫アレルギーを発症したからなんです。そして友達は、隣人に治療費も払うように請求されてしまったんです。
ゆね
ゆね
隣人にも内緒だとお友達が飼っていた猫さんもビクビクとおびえながら、生活していたんだと思うんだにゃ。そんな生活は楽しくないんだにゃ。

ペット可の物件だと家賃が高くなってしまいますが、愛猫と快適に暮らすためにも必ずペット可の物件を選びましょう

運動できる環境を作る

猫は完全室内飼いですが、運動はさせてあげましょう。

運動をさせてあげることで

  • ストレスが溜まらない
  • 肥満防止になる

などの効果があります。

猫はストレスが溜まると病気になってしまいます。また、運動不足により肥満になってしまうと病気を引き起こす可能性が高くなるんですよ。

猫の健康を保つためには、運動をさせてあげることが大切

飼い主
飼い主
健康のためには運動が必要なのはわかったけど、マンションだとどうやって運動させればいいの?
飼い主
飼い主
運動させるなら広いお部屋とかの方がいいのかしら?
みぽりん
みぽりん
マンションでの運動は『上下運動』がオススメですよ。上下運動だからお部屋の広さはあまり関係ないですね。
ゆね
ゆね
ゆねたちはキャットタワーでの上下運動が大好きなんだにゃ。

猫は日向ぼっこも大好きなので、キャットタワーを窓辺に設置してあげるといいですね。

近隣住人に猫を飼っていることを伝える

両隣や下の階の住人には猫を飼っていることを伝えておきましょう

脱走などをした時に近くのお家に逃げ込んでいることもあります。そんな時にきちんと猫を飼っていることを伝えておけば、住人同士のトラブルは避けられます。

みぽりん
みぽりん
猫を飼っていることを伝えておけば、他にも猫を飼っている人などを紹介して貰えたりしますよ。
飼い主
飼い主
わたしは引っ越してきたばかりで何も分からなかった時に、他の飼い主さんに近くの動物病院を紹介してもらったわ!
ゆね
ゆね
飼い主さん同士のネットワークは大事だにゃ。

ペット可の分譲マンションの中には、同じマンション内のペットを飼っている人たちだけが入会出来る『ペットクラブ』がある場合があります。

ペットを飼う際には入会が義務付けられるところが多いので、ペットクラブの有無は確認しておきましょう。

鳴き声の小さい猫種を飼う

マンションで猫を飼う時に、鳴き声が気になるっていう方もいらっしゃいますよね。

飼い主
飼い主
発情期の時なんて夜も寝られないとか聞いたことあるわ。

あまり鳴かないと言っても大きな声で鳴かれるのは避けたいですよね。

そこで、たくさんいる猫の中でも特にマンションで飼いやすい(鳴き声が小さい)猫種をご紹介しますね。

マンションで飼いやすい猫種
  • ロシアンブルー
  • ペルシャ
  • アビシニアン
  • バーミーズ
  • ラグドール
飼い主
飼い主
どれも聞いたことのある子たちなんだけど…バーミーズってちょっと分かんないかも?どんな感じの子なのかしら?

出典:Twitter

海外では「お家で飼うのに最も理想的」と言われています。日本でも年々、飼育する方が増えてきているんですよ。

シャムのような毛色の子もいれば、某宅配業者のマスコットのように真っ黒い子もいますよ。

毛色に好みがある方もお気に入りの子が見つかるのではないでしょうか。

バーミーズは鳴き声が小さいのでマンションでは飼いやすいですが、人と一緒にいることが大好きなので、共働きや一人暮らしで飼うのは避けましょう。

常に誰かが家にいる、子供がいるご家庭には飼いやすい猫です。

みぽりん
みぽりん
猫の中でもシャム、ベンガルなどは他の猫ちゃんたちよりも大きい声で鳴くので、マンションで飼うのはオススメ出来ません。
ゆね
ゆね
ここまでは、マンションで猫と暮らす時の必須条件を説明したんだにゃ。次は、マンションじゃなくても猫を飼う時にやっておいた方がいいことを教えるにゃ!

トイレのしつけ

ペット可の物件であってもトイレのしつけはしかっりしておきましょう。

猫はきれい好きなので、トイレはすぐに覚えてくれますよ。トイレは覚えたはずなのに、粗相が治らない時もありますよね。

こちらの記事では粗相が治らない原因ごとに対策を紹介していますので、読んでみてくださいね。

猫の粗相が治らないのには理由があった?!解決策を徹底解説!!猫の粗相が治らないのには理由があったんです。粗相をする原因に気付かずいろいろ試してみても、理由に合わせた対策をするのが大切です。 粗相を繰り返す猫の気持ちに迫りつつ解決策をお伝えしていきます。...

基本的に猫のトイレの数は猫の数+1です。

きれい好きなので排泄した後はお掃除してもらえるまで、そのトイレは使いません。

使えるトイレがなくなると、トイレ以外で排泄してしまうので注意しましょう。

去勢と避妊手術

マンションで暮らすなら『去勢と避妊手術』はやっておきましょう。

去勢と避妊手術はこのような行動を抑える効果があります。

去勢と避妊手術の効果
  • オス猫の去勢:おしっこをまき散らす(スプレー行為)を抑える
  • メス猫の避妊:発情期にオス猫を呼ぶための大きな声を抑える

オス猫のスプレー行為は、カーテンやソファなどにされる室内でのトラブルと、脱走してしまった時にマンションの共有施設におしっこをかけたりする、施設内でのトラブルの原因になってしまいます。

スプレー行為の時のおしっこの匂いはとっても強烈。匂いを消すのは大変です。脱走時のことも考え、去勢しておくと安心ですよね。

去勢した後もスプレー行為が続くことがあります。こちらの記事ではスプレー行為の治し方をご紹介していますので、併せてご覧ください。

猫のマーキングが治った!解決法を知って幸せな愛猫ライフをおくろうオス猫のマーキングの中でも、尿を家中にまき散らすスプレー行為が飼い主さんを悩ませています。今回は、経験も交えてオス猫マーキングと飼い主さんの1番の悩みにあげられる猫の尿スプレー行為の原因と、対処法をお伝えします。これを読み終わったころには、オスメス関係なく、運命を感じた猫ちゃんを家族に迎えられるでしょう。...

メス猫は発情期になるとオスに自分の存在をアピールするために大きな声で鳴きます。

避妊手術をすることで発情しなくなるので、大きな声で鳴くことがなくなりますよ。

動物病院を探す

近くに動物病院を見つけておきましょう。

猫が脱走した時などに猫の体にノミがついたり、他の猫から感染症を貰ってきたりします。

ゆね
ゆね
ノミの駆除や感染症予防のためのワクチンは動物病院で出来るんだにゃ!

動物病院に連れていく時などマンションの外へ出す時は抱っこではなく、必ずキャリーケースに入れましょう

たろう
たろう
ここまでのお話を整理するにゃ。
猫との快適なマンション生活のためのコツ
  • ペットが飼える物件なのかを確認する
  • 運動できる環境を作る
  • 近隣住人に猫を飼っていることを伝える
  • 鳴き声の小さい猫種を飼う
  • トイレのしつけ
  • 去勢と避妊手術
  • 動物病院を探す

愛猫との快適なマンションライフのため、近隣住民とのトラブルを避けるためにも、やってみることをオススメします。

 

猫を家の中の事故から守ろう!

完全室内飼いだから事故の心配がないと言うわけではありません。

お家の中にも愛猫がケガをしてしまう可能性はあります

猫がケガをしたり、事故に遭いやすい場所はこちら。

家の中で事故が起きやすい場所
  • ベランダ
  • キッチン
  • お風呂場

どの場所もお家に1つは必ずある場所ですよね。

飼い主
飼い主
どんな事故が考えられるのかしら?

それでは細かく見ていきましょう。

事故対策:ベランダ編

完全室内飼いが増えている中、お天気のいい日などベランダならと思い、猫を出している方もいるのではないでしょうか。

ベランダに猫を出す時はしっかりと対策をしましょうね。

転落を防ぐための対策

ぼうちゃん
ぼうちゃん
ベランダでの日向ぼっこはとっても気持ちいいんだにゃ。つい、そのままウトウトしちゃうんだにゃ。

ぼうちゃんのようにベランダがお気に入りの場所の一つになっている時などは、お気に入りの場所を奪ってしまうと猫にとってはストレスになります。

猫のストレスになることは避けたいですよね。

でも、愛猫がベランダでの日向ぼっこ中に鳥や虫など、不意の来客者にビックリした拍子にジャンプして手すりをこえてしまったりして「転落事故」につながる可能性があります。

こういう時はベランダにネットなどを取りつけてあげましょう。

みぽりん
みぽりん
ネットが透明なのでお家の外観を気にする方にもオススメですよ!

脱走を防ぐための対策

愛猫をどうしてもベランダに出したい時は、飼い主さんが近くで見守ってあげましょう。

それでもマンションのベランダには、お隣との間には仕切り板がありますよね。猫はこの仕切り板の下などから脱走をしてしまうんですよ。

猫が脱走しないようにと仕切り板の前に物を置いてしまうと、緊急時にわたしたちが通れなくなり困りますよね。

こんな時はハーネスや首輪にリードをつけましょう。

ぼうちゃん
ぼうちゃん
これならベランダだけじゃなくてお外で飼い主さんと一緒にお散歩も出来るにゃ!

事故対策:キッチン編

キッチンはわたしたちのご飯や猫たちのご飯を作る場所でもあるので、猫が入ってくることで衛生面の心配がありますよね。

ゆね
ゆね
ご飯の中にゆねの毛が入っていたら嫌だにゃ!

気を付けていてもどこで何が入るか分かりません。普段、出しっぱなしにしている物を全部しまうとなると収納が足りるか心配(泣)

みぽりん
みぽりん
そんな時はパーテーションやネットなどでキッチンへの入り口をふさいでしまいましょう。
みぽりん
みぽりん
扉式なのでわたしたちの出入りも楽ちんですよ!

ただオープンキッチンとかだと入り口をふさぐのは難しいですよね。入り口をふさげない時は危ない所にしっかりと対策をしましょう。

猫がキッチンに入ると

  • コンロの火や包帯などで火傷やケガやをしてしまう
  • 人間の食べ物を勝手に食べる

などがあります。

コンロ周りの事故を防ぐための対策

コンロの上に猫が乗ってるのを見たことはありませんか。火を消した直後とかだと猫のモフモフの毛がチリチリになってしまいます。

ゆね
ゆね
毎日のお手入れで手に入れたゆねの美しい毛がチリチリなんて嫌だにゃ!そんなの可愛くないにゃ。

コンロを使わない時やお出かけの時は元栓はしっかり閉めておきましょう。更にコンロにカバーをしておくと安心ですよ。

みぽりん
みぽりん
これを置くと作業スペースも広くなるので、料理がはかどります!

誤飲・誤食を防ぐための対策

飼い主
飼い主
この間、留守の間に猫ちゃんたちにキッチンの引き出しとか開けられて、引き出しの中身があちこちに散らかっていたわ。

猫ってとても賢いんですよね。食べ物などを引き出しにしまっておいても、開けられたら意味がないですよね。

食べ物をしまった後は引き出しにロックをかけましょう。

小さいお子さんが、引き出しを開けて困ると言う時にも活躍してくれますよ。

事故対策:お風呂場編

猫はお風呂に入るのが苦手ですが、意外にもお風呂場は好きっていう子は多いんですよ。

流れる水を見るのが好きな子もいますし、飼い主さんがお風呂に入っている時に寂しくなってついてきちゃう子もいます。

でもお家の中の事故で一番怖いのは『お風呂場での事故』です。

飼い主
飼い主
うちの子、冬の寒い時期になるとお湯を溜めて温かくなったお風呂のフタの上にいることが多いわ。いつも落ちないかなとハラハラしながら見守ってるんだけど…。

寒い時ってわたしたちも温かい所を求めますが、猫も同じなんですよ。でも、お風呂場に猫を入れるのは止めましょう。

例えお風呂のフタの上にいたとしても、フタが少しずれていたらフタごとお風呂に落ちてしまいます。

そして、いつもは自力で上がって来れる子もフタが重くて上がれなくなることがあります。

お風呂場での事故を防ぐには、入浴後はすぐにお湯を抜くことです。

そして、お湯を溜めている時などはしっかりとドアを閉めましょう。

水の事故:番外編

『水の事故』ってお風呂場だけって思っていませんか。

実は洗濯機での事故も多いんです。

出典:Twitter

みぽりん
みぽりん
我が家もゆねが子猫だった時に家中探していなくて、学校から帰ってきた子供たちが洗濯機に汚れた洋服を入れた時に偶然、ゆねを見つけたことがあります。
ゆね
ゆね
みぽりんやお兄ちゃんたちの匂いがあるから落ち着くし、狭くて暗いからよく眠れるんだにゃ。
みぽりん
みぽりん
この時のゆねの『洗濯機かくれんぼ事件』以降、洗濯機を回す前にゆねがいないか確認するようになりました。

ゆねのように猫って狭くて暗い所が大好きですよね。「なぜ、そんなところに」と思うような場所にいることがあります。

洗濯機を回す前には中を確認するようにして、フタは閉めてくださいね。

それではお家の中の事故が多い場所についてまとめましょう。

お家の中で事故が多い場所
  • ベランダ
  • キッチン
  • お風呂場

 

まとめ

猫はマンション暮らしに向いていることをお伝えしました。

マンション暮らしに向いている理由
  • 完全室内飼いでOK
  • そこまで大きくならない
  • あまり鳴かない
  • 脱走しにくい

猫を飼うことでわたしたちも癒されますよね。

でも、マンションで猫を飼う時には注意して頂きたいことがあります。

【マンションで飼う時に注意すること】

  • ベランダなどからの落下事故
  • 誤飲・誤食
  • 脱走
  • 鳴き声や大きな音

そして、猫とマンションで快適に生活するためのコツをご紹介しました。

猫と快適に生活するためのコツ
  • ペットが飼える物件なのかを確認する
  • 運動できる環境を作る
  • 近隣住人に猫を飼っていることを伝える
  • 鳴き声の小さい猫種を飼う
  • トイレのしつけ
  • 去勢と避妊手術
  • 動物病院を探す

マンションには猫好きばかりの人が住んでいるとは限りません。

入居ルールをやマナーを守って、愛猫との快適なマンションライフを送ってくださいね。

【猫に長生きして欲しい人必見】簡単に出来る6つのコツをご紹介!以前、実家で飼っていた「しゅり」は18歳まで生きていました。長生きしてもらうために特別なことはしていません。誰にでも出来ることを実践しただけなんです。 今回は猫歴30年のわたしが体験談を交えながら、猫に長生きしてもらうための6つのコツをご紹介していきますね。...
猫の去勢後の悩み【イラつく前に読むべき】術後もうるさい理由とは避妊、去勢手術をするとこういった鳴き声や、発情期に起こっていた様々な問題行動がなくなると思っていたのに、手術後も続いて困って悩んでいる」うるさいからと猫ちゃんを一方的に叱ると、攻撃されたり嫌われるだけなので要注意。...