ねこの毛

猫の毛割れはなぜ起こるの!?【5つの原因と対処法を解説】

先日、ゆねのブラッシングをしていたときのこと。

ふと毛並みを見てみると、ボコボコとした毛束が背中にあるのを発見。

以前の愛猫しゅりにも時々見かけていたので、これが毛割れであることはすぐにわかりました。

しかし、しゅりの時は高齢だったので、年齢によるものだと思っていました。

まだ若いゆねになぜあるのか、不思議に思いましたが、丁寧にブラッシングをしてあげると元通りのキレイな毛並みに戻ったので、この時はあまり気にしていませんでした。

しかし、数日後、また同じことに。

みぽりん
みぽりん
丁寧にブラッシングしているはずなのに、何で毛割れになっちゃうのかなぁ?

高齢でもなく、身体の調子はどこも悪くないはずなのに、繰り返される毛の乱れ。

ゆねの健康面に関しては、我ながらよく気遣っていると思っていたのに、まさか毛割れに悩まされるとは。

ゆねの健康だけでなく、見た目もつやつやでかわいくなってもらうためにも、毛割れについて徹底的に調べました。

これを参考にすれば、毛割れの原因と対策について知り、お家の猫ちゃんがいつまでもつやつやな毛並みを保てること、間違いなしです!

ゆね
ゆね
いつまでもかわいく、キレイでいたいにゃん♡

 

毛割れについて

猫の毛割れはどういう状態なのか、そもそも、「毛割れ」というワードにピンと来ない方もいらっしゃるかもしれません。

みぽりん
みぽりん
そんな方のために、まずは毛割れについて簡単にお話します。
ぼうちゃん
ぼうちゃん
ボクにもあるかもしれないにゃあ…。しっかりとお話を聞いておかにゃいと!

毛割れとは、毛が束になって割れて見えること

毛割れとは、毛が束になって、割れて見える状態のことを言います。

この状態になってしまうと、ブラッシングをしてもなかなかサラサラにならず、途中で毛が絡むこともしょっちゅう。

特に首元や背中は毛割れしやすく、毛割れした束が段になったり、ひどい場合では地肌が見えてしまい、そこからトラブルが発生してしまうこともあります

毛割れって、放置してもいいの?

飼い主
飼い主
でも、そういう毛並みの猫ちゃんって意外といるし、特別なことをする必要はないんじゃない?

こんな声も聞こえてきそうです。

たしかに、見た目の問題をのぞけば、そこまで気になることではないかもしれません。

しかし、毛割れは病気のサインの一つでもあります。

実際に私の友人Aさんは、以前に飼い猫ちゃんの毛割れを見つけた時、同時に食欲もなかったので動物病院で診てもらった結果、甲状腺機能亢進症と診断されました

幸い、症状はそこまで深刻ではなかったそうで、早期の治療のおかげで、現在は元気になっています。

また、毛割れを放置することで、毛の束がどんどんと大きくなってしまうこともあり、その結果、地肌が見えてしまい、皮膚疾患にかかる可能性も高くなります。

あまりに大きなものだと見た目にも影響があり、お世話をきちんとしていないという印象を抱かれてしまうかもしれません。

猫の毛割れの原因は様々ですが、中には命に関わる病気が原因のものもあります。

気づいたらすぐに対策をすることによって、元通りの毛並みに戻すことも可能ですし、病気の早期発見にもつながります。

毛割れについて
  • 毛割れとは、毛が束になって、毛並みが割れて見える状態
  • 悪化した場合、地肌が見えて皮膚トラブルを起こすこともある
  • 毛割れの原因は様々だが、中には病気が原因のものもある

 

毛割れの5つの原因

病気のサインの一つでもある毛割れですが、もちろん病気以外の原因もあります。

ここからはさまざまある毛割れの原因についてしっかりとお伝えします。

みぽりん
みぽりん
原因が分かれば対策もしっかり立てれます。お家の猫ちゃんはどうか考えながら、見てくださいね

原因① 老化現象

猫の毛割れの原因として最も多いものが老化現象によるものであると言われています。

人間でも、年を取るにつれて髪の毛がパサつきやすくなったり、肌にうるおいがなくなったりしますよね。

猫は9~10歳ごろから高齢期に入るといわれており、活動量も減り、外で動き回るよりもじっと寝ている時間が増えるようになります。

体内の代謝も悪くなり、身体の中の水分や皮脂が減り、また栄養の吸収率も悪くなるために毛の先まで栄養がいきわたらなくなるのも原因の一つ。

また、体力が減ることで、自分で毛づくろいをする元気もなくなっていきます。

猫は毛づくろいをすることで、ただ毛並みを整えるだけではなく、毛や皮膚ついた汚れを洗っています。

毛づくろいが減ることで、お手入れが十分にいきわたらず、結果的に毛割れを引き起こしてしまいます。

みぽりん
みぽりん
自分で毛づくろいできない部分に関しては、飼い主さんがブラッシングをしてあげるのがキレイを保つ秘訣です♪
たろう
たろう
おじいちゃん、おばあちゃん猫には特に優しくしてあげてほしいニャ~☆ 

原因② フードがあっていないことによる栄養不足

若くて、病気もないのに毛割れを起こしている場合は、栄養が偏っていたり、不足している可能性があります。

特に、安いフードは原材料に要注意

コストを抑えるために、猫が吸収しにくい穀物類を中心に使用していたり、死んだ動物の肉や人間が食べない部分の肉を使用しているフードもあるようです。

添加物を多く含んでいるものも猫の身体にはよくありません。しっかりと表示を見るクセをつけていきましょう。

以下のものが添加物になります。フードに入っていないかチェックしてみてください。

  • 着色料
  • 保存料
  • 酸化防止剤
  • 香料

そのほかにも、猫が肥満だからという理由で食事を減らしている飼い主さんもいらっしゃるかもしれません。

肥満対策は大切ですが、過度にカロリーや油分をおさえてしまうと、毛まで栄養がいきわたらずに毛がパサついてしまう原因になります。

もし食事を減量したいなら、1回量をきちんと計測をし、小分けにして満腹感を促す与え方をするなどの工夫をするようにしてみましょう。

ゆね
ゆね
猫に無茶なダイエットは厳禁だにゃ!
みぽりん
みぽりん
そこは人間も一緒だね。キレイでい続けるためにも、猫も人間も栄養についてしっかり見直さないとね

フードの種類や選び方について知りたい方は、こちらの記事もどうぞ。

キャットフードの安全基準
猫の餌について考えよう!キャットフードの安全基準を大解説!現在市販されているキャットフードには安全性を守るための法律が整備されています。きちんとキャットフードを選ばないと、猫の健康に影響を及ぼしていたかもしれません。キャットフードの安全性についてどのような基準があるのか、解説します。ぜひ、参考にしてみてください。...

原因③ 口内炎など、口の中にトラブルがある

口内炎ができたとき、痛みのせいでご飯を食べるのが億劫になったり、歯みがきが苦痛だった経験はありませんか。それは猫も同じです。

猫は口内炎ができやすく、しかも人間よりも重症であることがほとんど。

口の痛みから、エサや水分をとらなくなるので体に必要な栄養が取れず、それが原因で毛までに栄養が行き届かず、結果的に毛割れを起こす原因になります。

また、痛みのせいで毛づくろいもできなくなるので、毛並みを整えることがより難しくなるのは仕方ないことです。

口の中が赤く腫れあがったり、よだれがたくさん出たり、口臭がきつくなるなど、口内炎には様々な症状が見られます。

自然に治すことは難しいので、気になる症状がある時はすぐに動物病院に相談しましょう。

こちらの記事では、口内炎についてより詳しく説明しています。

【注意】猫は歯周病・口内炎が原因で死ぬ?!今日から始めたい予防法今回は、猫がなりやすいと言われている口の病気「歯周病」と「口内炎」についてがテーマ。わたしたち人間の間でも、どちらもよく聞く病名ですが、実は猫にとっては、最悪は死に至ることもあると言われている病気。愛猫が苦しんでから後悔する前に、きちんと予防してあげましょう。...
愛猫が口内炎の痛みで食事ができない!簡単な工夫で食生活を守ろう!猫のお口トラブルで多くみられる口内炎。猫の口内炎は、人よりも重症化しやすいため、強い痛みで食事ができないことも。猫が1~2日間食事を食べられないと、命の危険につながる場合もあります。今回は、食事の時の痛みを和らげ、少しでも食べやすくする工夫についてお伝えしていきます。...

原因④ 内臓系の疾患

毛割れだけでなく、食欲が無かったり、極端に体重が減っていたりするときは、内臓系の疾患が原因の可能性もあります。

特に猫の死因でも大きな割合を占めている腎不全は、徐々に病気が進行していることが多いので、初期症状が分かりにくく、気づいたときには手遅れになっているということも。

わたしの友人Kさんの猫ちゃんが、先日20歳で亡くなったのですが、死因は腎不全。

Kさんは「十分長生きしてくれたから、後悔はない」と話してくれましたが、一方で「食欲のなさや毛の乱れを年齢のせいにしてしまっていたから、もう少し早く動物病院に相談していればよかった」とも言っていました。

腎不全には、急激に症状が進行する「急性腎不全」と、数カ月から数年かけて少しずつ症状が進行する「慢性腎不全」があります。

特に慢性腎不全は高齢期の猫はかかりやすく、10歳を超えると10%弱、15歳を超えるとおよそ25%の猫がなると言われています。

腎臓の機能が低下してしまうせいで、毛まで影響が出てしまうことで毛割れに繋がります。

<毛割れ以外に注意したい症状>

  • 水をよく飲む
  • よく吐く
  • 食欲がない
  • 元気がない
  • よだれが多い
  • おしっこの回数が増えた
  • 口臭が気になる

腎不全以外にも、甲状腺機能亢進症慢性胃腸炎猫風邪などが原因で内臓の機能が低下したことが原因で、毛並みに影響が出ることがあります。

ただ、これらの病気は早めに見つけて治療をすることで、回復の見込みがあるものがほとんどです。

毎日ブラッシングをしているにも関わらず、毛割れが改善されない、頻回にできてしまう時は、内臓系にトラブルがあるのかもしれません。

みぽりん
みぽりん
毛割れ以外にも気になる症状があるときは、早めに動物病院に相談しましょう。

原因⑤ 皮膚トラブル

アレルギーや皮膚病でも毛割れが起こりやすくなります。

皮膚が乾燥していたり、毛穴に皮脂が詰まってしまうことで毛がパサついてしまい、毛割れが起きやすくなります。

特に乾燥には要注意。

乾燥していると、毛がパサつくだけでなく、皮膚がひどくかゆくなり、頻繁にかいてしまう猫ちゃんは多いです。

猫ちゃんが過ごしやすいとされている温度は20℃前後(高齢猫の場合は+3℃)、湿度は50~60%と言われています。

特に冬場は暖房器具も使うことから、部屋の中が乾燥しがちなので要注意です。加湿器などを使うのもオススメです。

また、部屋の乾燥だけでなく、猫の脱水でも毛割れになりやすくなります。

もともと水を飲む量が少ない猫もいますし、高齢期に入るとますます水を飲まなくなる猫って意外と多いみたいです

水分補給がしっかりできているのか、飼い主さんがチェックしてあげるようにしてください。

こちらの記事では、あまり水を飲まない猫ちゃんに対する対応について詳しく書いています。

水分補給が大切!
【猫が水を飲まない?】水を飲まない危険性と飲んでもらう為の方法!猫ちゃんに上手に水分補給をしてもらうにはどのようにすれば良いのでしょうか。今回は猫ちゃんが水を飲まないとどうなるのか、水を飲ませるために実践しやすい方法をいくつか説明しているので、猫ちゃんを飼っている方必見です。...

ここで改めて、猫の毛割れの原因についてまとめます。

毛割れが起きる原因
  1. 老化現象の一つ
  2. 栄養不足(フードがあっていない)
  3. 口に痛みがある(口内炎など)
  4. 内臓系の疾患
  5. 皮膚トラブルと乾燥、脱水

 

このように原因について知っていくと、飼っている猫ちゃんに当てはまりそうなものもあるのではないでしょうか。

みぽりん
みぽりん
原因がわかれば、次は対処しないと、ですね。
飼い主
飼い主
うちの子がきれいでい続けるためにも、とっておきの方法が知りたいわ!

 

 

毛割れを発見!その後の対処法3つ

毛割れを発見したら、悪化させないようにできるだけ早く対処したいというのが飼い主として考えるでしょう。

病気による毛割れは動物病院での治療を最優先しなければいけませんが、汚れや乾燥によるものであれば自宅でも十分に対処可能です。

みぽりん
みぽりん
毛割れ以外の健康面にもいいことが多いので、要チェックです!

対処法① ブラッシングをする

毛のトラブルに対しては必須の方法と言っても過言ではないブラッシング。

毛割れに対しても、もちろん効果はあります。

若くて、身体が健康なのに毛割れができている場合、フードの問題もあるかもしれませんが、自分で十分な毛づくろいができていない可能性もあります。

人間でも、背中のように手が届きにくいところは洗いにくいですよね。

人間のようにスポンジやタオルが使えないという点を考えると、猫の方がさらに自分でケアをしにくい場所は放置され気味になっています。

また、口内炎だったり、高齢で毛づくろいそのものが億劫になっている猫ちゃんに対しては、飼い主さんがしっかりとブラッシングをしてあげる必要があります。

ブラッシングのポイントは、毛の流れに沿って優しくブラッシングすること。

そして猫ちゃんが嫌がる時は無理をせず、短時間ですませること。1日5分ほどでも十分に効果はあるようです。

ブラッシングを嫌がる猫ちゃんの多くは、ブラッシングそのものに慣れていないのが原因だと言われています。

できれば、子猫の時から定期的にブラッシングをして、常に毛づやが良い状態を保ちたいですね。

みぽりん
みぽりん
ブラッシングには、皮膚を刺激することで皮膚の血行が良くなり、毛に栄養がいきわたりやすくなる効果もあります。愛猫とのコミュニケーションにもなるので、習慣にしましょう!
たろう
たろう
手が届かないところをキレイにしてくれるのは嬉しいニャ~☆

対処法② フードを見直す

健康体でブラッシングもしているのに、それでも毛割れができる場合は、フードが合っていない可能性があります。

先ほどの原因でもお話しましたが、市販のフードの中には安いけど質が良くないものもあります。

猫の毛を作るのは動物性タンパク質です。これは主に、お肉や魚からとることができるのですが、良質のものでなければあまり意味がありません。

そもそも、猫は完全な肉食動物のため、人間や犬とは違い、穀物類のような炭水化物では栄養が吸収されません。そのため、猫のエネルギー源はタンパク質によって作られているのです。

これだけでも、猫にとってタンパク質がいかに大事かということが分かっていただけるのではないでしょうか。

フードの袋の裏に付いている原材料名については、内容量が多いものから記載されていますので、先頭にお肉や魚が入っていることが大切なポイントです。

成分表示では、タンパク質の含有量を見ていてください。理想は30%以上だと言われています。

ただ、猫ちゃんの健康を第一に考えられているフードは、どうしても市販のものよりも高価なものが多いです。

家計のことを考えて、少しでもお手軽で安価なフードを購入したい気持ちは痛いほど分かります。

しかし、フードの質が悪いせいで栄養不足になり、そこから体調不良で病院通いになってしまうと、もっと大きな出費になる可能性があります。

お金がすべてではありませんが、猫を飼う以上、ある程度の出費は必要です。

飼い主
飼い主
病気になって苦しむ姿を見るくらいなら、お金はかかっても、元気に過ごす姿を1日でも長く見続けたいわ!
ぼうちゃん
ぼうちゃん
飼い主さんにそう思っていただければ、きっと幸せな猫がもっともっと増えるニャ~♪

また、年齢によって必要なエネルギーも変わっていきます。

年齢に合わせてフードの内容や量を変えていきましょう。

こちらの記事に、いいフードの条件や、年齢によるエサのあげかたについて詳しく解説していますので、参考にしてください。

肉食に合うキャットフードの選び方【雑食と肉食の違いを知ろう】雑食と間違えられやすい猫。猫の食性は肉食なのですが、昔の風習や穀物や野菜が入ったキャットフードが存在することにより、間違えられやすいのです。猫の食性である、肉食動物の特徴を知り、本来の食性に近づけたキャットフード選びのコツを紹介します。...
猫にあげる餌の量は?グラム数より考えるべき事【年齢別の早見表】年齢別・妊娠・手術後などタイプ別もあり。猫の餌の1日に必要な量が分かるカロリー計算の方法と、一目でグラムを確認できる早見表をご紹介します。...

対処法③ 環境を見直す

冒頭のゆねのお話になってしまいますが、ゆねの毛割れを発見したのが真冬の寒い日。

部屋の中は暖房をフル稼働し、とても乾燥している状態でした。

毛割れについて調べていく中で、乾燥が原因ということを知り、改めて部屋の湿度を確認したところ、なんと30%

これでは、猫でなくても、皮膚が乾燥してしまいますよね。

さすがに家中に加湿器を置くわけにはいかなかったのですが、ゆねがよく過ごす部屋に加湿器を置くようにしました。

毎日のブラッシングの効果も合わせて、今では元通りのキレイな毛並みになりました。

ゆね
ゆね
乾燥はお肌の大敵だニャ!!

また、脱水も毛割れの直接の原因になります。

猫が水を飲みたいときにいつでも飲めるように、水入れは家の中で何カ所か置いておくといいかもしれません。

ちなみに、我が家は1階と2階に1つずつ置いています。

猫が落ち着いて飲めるように、人通りが多くない場所に置いてあげてください。

さらに、寝床が清潔かどうかも重要なポイントです。

寝床は自分のニオイが無くなると落ち着かない子もいるかもしれませんが、汚れたままだと眠るたびに汚れを自分の身体につけてしまうことになります。

ある程度は清潔な状態でいられるように、時々チェックしてあげてください。

毛割れの対処方法
  1. 定期的にブラッシングをする
  2. フードを見直す
  3. 環境を見直す(乾燥対策、水分補給、清潔かどうか)

ここで紹介したものは、健康な状態での対処方法です。

もし、食欲が無かったり、よだれが多くなっていたり、口臭がきついなどの病気のサインが見られる時は、すぐに動物病院に連れていってあげましょう

 

まとめ

ただの毛の乱れによるものから、重大な病気のサインまで、様々な側面を持っている毛割れ。

もし、飼っている猫ちゃんに毛割れが見つかった時にどうすればいいのかについて、改めて振り返ります。

毛が割れてしまう原因としては、5つの可能性が考えられます。

毛割れの原因
  1. 老化現象
  2. 栄養不足
  3. 口のトラブル(口内炎など)
  4. 内臓疾患
  5. 皮膚トラブル(乾燥、脱水)

毛割れを見つけたら、悪化する前に対処してあげましょう。

毛割れの対処法
  1. 定期的なブラッシング
  2. フードの見直し
  3. 環境を整える
  4. 体調不良があるときは、早めに動物病院に行く

普段から猫の様子をしっかり見て、ブラッシングをすることで毛割れは早い段階で見つけることができます。

また、長毛種の猫は短毛種の猫よりも皮脂汚れが付きやすいので、より入念なケアが必要になります。

たかが毛割れ、されど毛割れ。

愛猫がいつまでも元気でキレイにい続けてもらうためにも、質のいい食事と住みやすい環境づくりを心がけるようにしていきましょう。

猫を綺麗にする方法はこれ!愛猫に合うベストなやり方をみつけよう!愛猫にどのようなお手入れをすればよいのか。多くの飼い主を悩ませる問題です。猫は人に体を触られるのを嫌がる場合も多く、猫の種類や日々の生活の仕方によっても必要なお手入れは変わってきます。今回は、愛猫に一番合うお手入れ方法をお伝えします。...
キャットフードのヒューマングレードとは?【グレインフリーも解説】キャットフード次第で、猫の寿命や健康に大きく影響すると考えるのなら、安心できる材料を使ったものを選びたいですよね。キャットフードの品質の概念である、「ヒューマングレード」について説明します。...