ねこの毛

【猫がブラッシングを嫌がる原因と対処法】充実した日々を過ごそう!

ゆね
ゆね
ちょっとみぽりん痛いにゃー
みぽりん
みぽりん
あ!ゆね、ごめんね。忙しくて焦っちゃったわ。

わたしもついつい気を抜いてしまって、ブラッシングに集中できずにやっていると、絡まっている部分に気づかずにひっかけてしまう時があります。

スキンシップの延長で出来ればいいのですが、ブラッシングが苦手な猫に、毎日のケアをする事ってとても大変ですよね。

どうしたら平和に、お互いにストレスなくケアが出来るか、悩んでいる飼い主さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

飼い主
飼い主
いつも嫌がってブラッシングさせてくれなくて。無理やりやるのも可哀想でなかなか出来ていないんです。
みぽりん
みぽりん
そうですよね。ブラッシングを嫌がる猫ちゃんは、多いんですよ。しかし、抜け毛が多い猫ちゃん、毛玉を良く吐く猫ちゃんは特に、ブラッシングを頑張ってほしいと思います。

ブラッシングを敬遠することで、猫の体の中でトラブルが起きてしまう可能性があります

ぜひ、考えられる原因を見つけてあげて『ブラッシングは気持ちいいことなんだ』と思ってもらいましょう。

お互いにリラックスして、スキンシップがてら、トラブルも病気も予防できる。

ブラッシング一つで、こんなにも充実した時間を過ごせるのは素敵ですよね。

こちらで、猫がブラッシングを嫌がる原因と対策、そしておすすめなのブラシもご紹介しています。

ブラシを持つだけで逃げ出してしまって、あまりブラッシングが出来ない子、昔はさせてくれてたのに嫌がる、なんて子がいたらぜひ読んでほしいと思います。

 

猫がブラッシングを嫌がる4つの原因

この4つの中で、当てはまっている事はありますか。

1.ブラッシングの力が強すぎる

地肌のマッサージになるからと、ガシガシ強くやり過ぎていたり、毛をかきだすように、逆立ててやったりしていませんか。

ゆね
ゆね
やめてにゃ。痛いし、ぞわーってなっちゃうにゃ

優しく毛並みに沿ってブラッシングするだけでも、マッサージ効果がありますよ。

又、毛並みに逆らうと、静電気が発生しやすくなり、ストレスになります。

みぽりん
みぽりん
猫の地肌は人間の1/5程度の厚さで、繊細で弱いのです。優しくとかしてあげて下さいね。

また、ブラシの種類によって痛いと感じてブラッシングが嫌いになってしまっている可能性もあります。

別の道具に変えてあげることも視野に入れてみましょう。

飼い主
飼い主
なるほど!ブラシの買い変え考えてみます

2.猫の嫌がる場所をブラッシングしている

猫の急所や苦手な部位
  • お腹まわり
  • しっぽの付け根
  • 後ろ足

このような部分はとにかく優しくブラッシングしましょう。

また、例えばうつぶせになっている時など、肩甲骨が出ている場合、骨が当たる部分も同じように優しい力加減でやってあげましょう。

ゆね
ゆね
嫌な場所をわかってくれないなら、もうブラッシングやりたくないって思っちゃうにゃ

3.猫が嫌がるまで長時間ブラッシングをしている

嫌がるからと言って、無理にやろうとしたり、押さえつけたりしない方が良いです。

猫のイヤイヤサイン
  • 人の手を気にし始める
  • 耳やしっぽが動き始めたりする
  • 爪をたてる
みぽりん
みぽりん
このようなサインがあったらやめ時です。無理強いはせずに『ブラッシング=リラックス』という、良いイメージを少しずつ教えてあげましょうね。

4.何か異常が起きて嫌がっている可能性

今までブラッシングが好きだった子が、突然嫌いになってしまった場合、この理由が考えられるかもしれません。

皮膚などに、なにか異常が起きていて、痛みが生じている可能性も考えられます。

日頃から、体のチェックは行うようにしましょう。少しでも気になることがあれば、かかりつけの獣医師さんに相談してみましょう。

みぽりん
みぽりん
次は、嫌がる猫ちゃんに向けてのやり方と、ブラシの種類について説明していきますね。

 

猫に合ったブラシとやり方

一般的には、短毛種、長毛種、それぞれブラッシングをする順番が違うと言われています。

それは、猫自身で毛づくろいする際に、届かない部分と、毛玉ができやすい部分があるからです。

みぽりん
みぽりん
しかしまずはその子に合った目標を立ててあげることが第一です。

嫌がる子に対しては、まずは触られると喜ぶ部分を優先的にブラッシングしていきます。
その上で、その子に合った、ブラシを見つけてあげて下さい。

抜け毛が多い場合

短毛種の子は、長毛種に比べて抜け毛も少ないと考えている方多いのではないですか。

種類にもよりますが、短毛種でも抜け毛が多い猫は多くいます。

猫は毛の生え方によって「シングルコート」と「ダブルコート」に分類されます。換毛期のないシングルコートの猫は抜け毛が少なく、ダブルコートの猫は抜け毛が多いです。

シングルコートはガードヘアのみ、ダブルコートはガードヘアとダウンヘアの二種類生えています。換毛期には、ふわふわのダウンヘアが抜けるのです。

猫ちゃんの種類別に紹介をしている記事がありますので、興味がある方はこちらをご覧ください。

猫を迎えたい人必見!抜け毛が少ない種類【ランキングTOP7】猫ってふわふわな毛が魅力ですがほんとうに抜けるんです。 特に季節の変わり目、換毛期は、どれだけブラッシングをしても抜ける抜ける。 猫の抜け毛のことを考えると飼うのを躊躇する人も多いと思います。そこで毛の抜けにくい猫TOP7を紹介します。...

換毛期や、忙しくてしばらくブラッシングが出来なかった時には、このようなスリッカーブラシを使うと、一気に抜け毛が取れて時短につながります。

こちらはとにかくよく毛が取れる分、やり過ぎてしまうとはげてしまったりする場合があるので、ブラッシングが好きな猫ちゃんの普段使いには不向きかもしれません。

毛玉ができやすい場合

長毛種の子の特徴として、毛玉ができやすいというのはみなさん思うのではないですか。

毛玉ができやすい場所
  • 顎の下から喉にかけて
  • 耳の後ろ
  • わきの下
  • お腹
  • お尻
  • 首輪や洋服でこすれるところ

毛玉になってしまう前に、猫のご機嫌や様子を見ながら、絡まりなどないか注意して見てあげましょう。

絡まりがあったら、猫の負担にならないように、毛先から少しずつとかしてあげて下さいね。

ゆね
ゆね
いつもみぽりんにこれでブラッシングしてもらってるにゃ

もしも、毛玉が出来てしまった際の対処法は、こちらに詳しくご紹介しています。

【猫に毛玉を発見!!】負担の少ない取り方と予防法を徹底解説!!毛玉は飼い主さんの手で取ることもできますが、取り方を間違えてしまうと猫を傷つけてしまったり痛い思いをさせてしまうことも。今回は、猫に負担をかけずに毛玉を取る方法、また、わたしが日々行なっている毛玉を防ぐ方法をお伝えしていきます。...

 

ブラッシングを嫌がる時の対処法

過去にブラシで嫌な思いをした子や、怖い思いをした子も中にはいるのかもしれません。

ブラシを飼い主さんが持っただけで、逃げてしまう子への対処法をご紹介します。

ブラシは怖いものではないと教えてあげよう

ブラシを見るだけで、逃げてしまうという猫は、存在を慣れさせることから始めましょう。

普段から、ブラシを目につく所に置いて、抵抗感をなくしてあげてくださいね。

また、おやつの時間とセットで触れさせるのも良いです。

手のひらを温めてリラックス

美容院やマッサージ店で、施術してもらう時に手が冷たかったら、ぞわーっと来ますよね。

猫ちゃんも同じです。まずリラックスしてもらうためには、手を温めてからやりましょう。

みぽりん
みぽりん
出来そうであれば、ホットタオル(蒸しタオル)をするのも、静電気も起こりにくくなるので一石二鳥ですよ。60℃くらいに温めて、毛の多い背中から当ててあげて下さいね。

猫が触られて喜ぶ場所から始めてみる

顔まわりや首、耳の付け根など、猫が気持ちいと感じるところから、まずは撫でながら始めて下さい。

そして、顔→首→背中と、毛の流れに沿って行うことが大切です。

嫌がりやすい、お腹、おしり、しっぼは気持ちい場所を撫でながら、隙を見てサッとブラシをかけましょう。

みぽりん
みぽりん
ブラシに慣れるまではこういったものも使うのもおすすめです。

短時間でやるコツ

自由を好む猫は、基本的に長時間の拘束を嫌うことが多いです。

たろう
たろう
ぼくたち猫は、3分くらいならじっとしてられるかにゃ

機嫌が良い時や、猫が寝転んでリラックスしているタイミングを見計らって、ブラッシングしてあげましょう。

みぽりん
みぽりん
コツとして、短い時間で行う事。そして今日はここ、明日は残りの部分と、数回に分けてやってあげてくださいね。

猫が安心するブラッシング保定

ブラッシングをする時に大切なのは猫を安心させてあげることです。それをかなえる方法があります。

みぽりん
みぽりん
『保定』というワザ。動物病院に行った際に、看護師さんに教えてもらいました。なんでも、猫が安心する体勢をとることができるそうです。

無理強いは良くないですが、様子を見ながらやってみるのも一つの手かもしれません。
嫌がる場合は決してやらないように。

保定とは、人と動物の安全を確保しながら、円滑に治療を行うために動物を押さえる動作を指す専門用語。

【胸編】

座っている猫を、後ろから抱きかかえるようにひじで体を固定し、左手で猫の顔を上に向けます。

【足偏】

片手で足の付け根を持つと動きを固定しやすいです。猫の体勢に無理のないように持ってあげましょう。

【しっぽ編】

しっぼを引っ張ってはいけません。腕全体で体の方を固定してあげてください。

【押さえワザ編】

動いている猫の体に後ろから、肩、お尻の順に素早く手を添え、ふわっと棒をつかむような感覚で持ちます。

そのまま軽く押さえ込む形で、猫が『伏せ』の体勢になったらOKです。

【かぶりワザ編】

両足はさむ形で猫の体を固定し、上から覆いかぶさるようにすると、猫は『伏せ』の体勢になり、飼い主さんとの密着感もあるため大人しくなりやすいです。

みぽりん
みぽりん

このとき、飼い主さんは少し腰を浮かし、猫に体重をかけないように注意してくださいね。

後ずさりしたり、ひっかいたりと、猫が予測不可能な動きをするのも防げます。

【番外編】

猫は首元をつかまれるとおとなしくなることがあります。それは、母猫が子猫をつかむときのやり方で、成猫になってもその習性は残っているからと言われています。

ですので、大きめのクリップを首元に挟むのも一つの方法です。

挟む前に、まず自分の皮膚を挟んで力加減を試してみて下さい。

そして、首元をつかまれるのが苦手な猫もいます。嫌がったらクリップの使用をすぐにやめて下さい。

ゆね
ゆね
飼い主さんて大変なんだんにゃ
みぽりん
みぽりん
そうね。でもね、頑張るのは大事な理由があるの

 

猫のブラッシングをしないことによるリスク

あまりにもブラッシングを怠ると、このような場合も考えられます。

皮膚トラブル

抜け毛が多く残っていると、皮膚が蒸れてしまいます。

皮膚に痛みやかゆみがある場合、毛づくろいの頻度も上がり、それだけ胃袋に毛が入る量も多くなってしまうのです。

みぽりん
みぽりん
ブラッシングを通して、皮膚状態もチェックすることは、病気やトラブルの早期発見につながりますよ。

毛球症

毛球症(もうきゅうしょう)とは

毛づくろいをした時に、少しずつ飲み込んだ毛が吐き出せもせず、便として排出もできずに、胃で塊になってしまう病気です。

無症状の場合も多いのですが、食欲不振になってしまったり、毛玉を頻繁に吐いている場合、食道炎になってしまうこともあります

みぽりん
みぽりん
状態によっては手術が必要な場合もあるので注意が必要です。発熱や、ぐったりしているなど、異常が見られる場合は必ず病院へ連れていきましょう。

 

どうしてもブラッシングをさせてくれない場合

全て手を尽くしても、難しい場合は、他の物に頼りましょう。

みぽりん
みぽりん
食事やサプリメントを使って毛球症の予防をすることも出来るのです。毛玉を何度も吐いているようでは、可哀想ですよね。こちらを検討してみるのもおすすめですよ。

毛球ケアペットフード

穀物を使われたフードは腹持ちは良いですが、消化吸収に時間がかかってしまいます。

ですが、動物性原材料を主とした穀物不使用のキャットフードは、消化吸収をサポートしてくれますので、毛玉の排出も促してくれるのです。

こちらの記事で、そのような穀物不使用のキャットフードを詳しくご紹介しています。

【実食動画】カナガンデンタルキャットフードを徹底調査【口コミ&評判】☆実際の体験談をまじえてカナガンデンタルキャットフードはどんなキャットフードなのか紹介します。実際にキャットフードを愛猫にあたえている飼い主さん達の生の声もお伝えするために、口コミやレビューも集めました☆...

毛球ケアおやつ

食物繊維を適度に配合したおやつもおすすめですよ。おやつは猫の心をつかむ時の味方にもなります。

サプリメント

飲み込んでしまった毛玉をスムーズに排出できることを目的とした、油脂を含んだチューブタイプのサプリメントもあり、手軽に与えることができます。

飼い主
飼い主
病気になってからでは遅いので、試してみる価値はありそうですね!

 

まとめ

今回、猫がブラッシングを嫌がってしまうという方に向けてお伝えしました。

こちらに、その嫌がる原因と対処法をまとめます。

嫌がる原因
  • ブラッシングの力が強すぎる
  • 猫の嫌がる場所(お腹・しっぽの付け根・後ろ足)をブラッシングしている
  • 嫌がるまで長時間やっている
  • なにか他に異常が見られる
対処法
  • 猫に合ったブラシを使用する
  • ブラシは怖くないと教えてあげる
  • 手のひらを温める
  • 猫が触られて喜ぶ場所から始める
  • 短時間で数日に分けてやる
  • 猫が安心する『保定』

ブラッシングをあまりにも怠ると、皮膚炎や毛球症へつながってしまう可能性もあります。

ブラッシングと別の方法で、予防できることもご紹介しました。

毛球ケアグッズ
  • 毛球ケアペットフード
  • 毛球ケアおやつ
  • サプリメント

ブラッシングはスキンシップにもなり、心と体の両方のケアになります。

猫ちゃんに合った抜け毛対策を見つけてあげて下さいね。

猫の毛並みをいつもきれいに!!おすすめブラシ12選【口コミあり】猫のブラシってたくさんあって選び方もよくわからないですよね。それにブラッシングが嫌いだという猫ちゃんも多いです。たった一つのブラシを嫌がられてブラッシングを諦めてしまったという方もいるのではないでしょうか。確かに自分で毛づくろいするとはいえ、毛球症をいう病気のリスクも減らせるブラッシングは猫にとっても飼い主にとっても必要なことだと思います。 お互いがブラッシングの時間を苦痛に感じるのではなく、楽しい時間を過ごせるようブラシのタイプ別に説明していきます。...
猫の毛玉に悩む飼い主さん必見!!【誰でも簡単】おすすめケア方法4選飲み込む毛の量を減らすこと、便と一緒にスムーズに排出できるようにすることで、毛玉を吐く頻度や量を減らしてあげることができます。愛猫ちゃんにぴったりのケア方法を見つけて、ストレスなく過ごしていけるお役に立てば嬉しいです。...